非常事態宣言後 定期整備 根が割れた 16年続けてお手入れ


【2020年8月28日 1:02 PM更新】

歯と歯の間の虫歯は、早期に発見することが大切です。

かなり古いメタルボンドクラウンです。

向かって左側のクラウンの根が割れました。

その手前の歯には虫歯が広がっています。

その奥のインレーが入った歯は

虫歯で穴が開いています。

 

 

歯と歯の間の虫歯は、表から見えた時には大きく広がっています。

 

奥側の歯には虫歯で穴があいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前の歯には内部に虫歯が広がっています。

歯と歯の間に 折れて動いた

根の破折部分があります。

 

根の折れた歯は抜去 両側の虫名を措置してセラミックブリッジ制作

 

ブリッジにはマルチレイヤ-ジルコニアを選択

 

極めて一般的な形態です。

 

まったく問題なく装着

 

昨年の時点で、歯の破折はわかったていましたが

年明けに時間ができた時と打ち合わせていましたが

新型コロナウイルスの問題があり、

ご本人は大学病院ご勤務のため

屋っと時間が取れたので

緊急事態宣言後に抜去。

 

傷口が治るのを六週間以上余裕をもって

ブリッジの制作をしました。

 

長期にわたる損傷がある場合には

抜歯窩が上がってくるにには時間がかかります。

 

この症例の自由診療総額

 

●ジルコニアクラウン奥歯 32,000円×3本

(ジルコニアブリッジ)

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600