歯と歯の間にできた虫歯


【2020年8月28日 1:14 PM更新】

隣接面カリエス いわゆる歯と歯の接触点からの虫歯

口腔内カメラが発売になった頃、「これはいける7」

と導入して、以後50本以上の口腔内カメラを

買いました。

 

2000年当時、現在の診療体制を作った目的は

患者さんは、「見ないと理解できない」

と思ったからです。

 

現在でも口腔内カメラは、診療室内の至る所にあります。

一カ所にならず複数のカメラを設置しておき

使ったら、すぐにスリーブ交換をしてあるものが

使用できるからです。

 

口腔内カメラで映し出すものでも

もっとも重宝しているのが

●隣接面カリエス

●初期の虫歯

に大いに役立ちました。

 

下記のリンクをご参考にしてください。

 

 

歯と歯の間(歯と歯の接触点)の虫歯の広がり

 

歯と歯の間にできる虫歯 エナメル質を貫通後

 

削るか、削らないか・・境界線のケース

 

歯と歯の間の虫歯

 

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600