奥歯がないと 前歯が破壊される


【2019年12月25日 11:16 PM更新】

歯ぎしり+奥歯なしで、ジルコニアブリッジが亀裂

強靭なジルコニアブリッジ ヒビがはいった

 

2019へ年の大きな困りごとは

奥歯のかみ合わせがないと、前歯が破壊する 

 

奥歯のかみ合わせがない場合には、前歯製作は高リスク

治療に至らなかった都合で

写真には残せない例がたくさんあるのですが

 

前歯の大きなブリッジ、8本 10本というのが

外れた、壊れたと多くの方が来院されました。

「奥歯のかみ合わせを作って 最後に前歯を製作する」

というのが大原則ですので、その条件が満たされない場合には

ブリッジ脱離 破損のリスクが高くなります。

 

もしも奥歯なしで、前歯のブリッジなどを製作しても

結局時間がたつと、台になっている歯がトラブル起こしたり

心棒となるコアが破損したり

痛みが出たりと、トラブルが予想される場合には

最初に奥歯のかみ合わせを作ることを

アドバイスいたします。

 

しかし、奥歯だけなく、前歯、前歯という場合には

「当方では制作できない」

と判断させていただいております。

 

また、奥歯がない場合などは

責任をもって施術してくれる

公的病院などでインプラントを

おお勧めしています。

 

奥歯のかみ合わせができてから

前歯を製作しませんと、前歯の寿命は

著しく短くなります。

 

一見なんともありませんが、亀裂があります

ジルコニアブリッジを前から見た画像です。

亀裂が入ると負荷がかかった時に

ブリッジが動くので、ご本人は違和感を感じます。

大きな原因1 奥歯にかみ合わせがありません

 

上顎 右側の奥歯がありません

 

下顎 左側の奥歯がありません

相手があって、歯は機能します。

どちらか片方だけでは、なんら役に立ちません。

大きな原因2 激しい歯ぎしり

上顎右側

かたいエナメル質が消失して

象牙質が露出しています。

黄色い部分はやわらかい象牙質。

それを囲むように白い部分があるますが

それがエナメル質です。

エナメル質が減りきって

象牙質が露出した場合には

急激な勢いで、歯が減ります。

 

前歯の先端が減り

形が崩れています。

前歯の先端部が歯ぎしりにより

激しく咬耗して象牙質が露出しています。

 

金属のクラウンは先端が歯ぎしりにより

トンカチでたたいたように変形しています。

象牙質はクレーターのように減って

真ん中に穴が開いたようになっています。

 

金属に跡がつくほど、激しい歯ぎしり

 

 

下顎の前歯の歯ぎしりによる咬耗

 

 

 

 

 

微妙な亀裂です

 

亀裂の入った部分を除去しました。

ブリッジの接合部の弱いところに

亀裂が入っていました。

 

奥歯のかみ合わせのない場合には

最終的には、「前歯が吹き飛ぶ」状態になる

可能性が高く、前歯破損のリスクが高くなります。

時に人口物(作りものの修復物)がある場合には

高頻度で破損 脱離するばかりか

神経のない「失活歯」の場合には

根っこが割れて保存不可能になることが

高頻度で起こります。

奥歯を作ってから 前歯を制作

は絶対的な原則と考えてください。

 

奥歯を作ってから、前歯を製作 の事例はこちら

 

★より詳細な情報や症例は 2019年特設ページ こちら

https://dr-kita.com/dental2/

 

★細かな情報はブロトップから

http://dr-kita.com/wp/blog

 

★医院ページindex

https://dr-kita.com/

 

★2000年からのオールドページ

https://dr-kita.com/dental/

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600