何度やっても壊れてくる前歯の角 その2 両側の前歯をキレイにそろえる


【2022年4月11日 3:57 PM更新】

概要

前歯の角 は万度修復しても

すぐ欠けてしまう事が多い部位です。

この症例も、「前歯の角が欠けた」

という理由で来院されました。

あいにく、前歯の歯並びが

悪いことも気になっていたと言うことで

可能なら、かぶせ物でキレイ名前にしたい

とご希望なので、ジルコニアクラウンで

修復しました。

「自由診療で治療をするなら

早めにお申し出ください。」

と掲示やお願い文章に記載しているのは

こういったことが可能となるからです。

 

前歯の角 クラスⅣ と呼ばれる虫歯の形態

角がない場合には、詰め物が取れやすい

 

角が欠けています。

わかりにくいので拡大

 

 

技工物完成

この位置が顔面 目の瞳孔に合わせた位置です。

 

来院時

 

仮歯があったので

歯肉とジルコニアが融合するのに

一週間ほどかかります。

 

安静時

1㎜程長く製作してあります。

のちに形態の調整の幅を持たせるためです。

 

 

この症例の自由診療総額

●ジルコニアクラウン前歯38,000円×2

 

顔面に合わせて、ジルコニアクラウンを形態修正

顔面に合わせて、ジルコニアを形態修正

一週間後ジルコニアがなじんだ状態で

ジルコニアの形態修正をしました。

もちろん装着後です。

慣れていると、どのような状態でも、「硬い」

と言われるジルコニアを削ることが可能となります。

したがって、お口に装着した状態で

で顔面に合わせることが可能となります。

 

安静時

 

軽く笑顔

到着時より、唇の状態が

水平になってきました。

歯の状態が変わると、顔面の表情筋が

顔面をよい状態に変えてくれます。

この画像でも、鼻孔の位置が変わってきたことが

分かります。

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600