ジルコニア矯正を目的に来院 デジタルシュミレーション


【2021年6月23日 2:56 PM更新】

ジルコニア矯正は、誰かの造語 基本的にはやらない方がよい

あらかじめ写真記録を取りながら

症例を検討してゆくと、

ほとんどのケーズが当方のイメージ通りに

仕上がります。

このケースの患者んの協力があって

難症例をこなすことが可能となりました。

この症例の概要

1.ジルコニア矯正 という宣伝を見て

他院に相談に行った方です。

 

2.基本的にジルコニアなどの

修復物を用いて、歯並びを修正することには

当方としては、お勧めではありません。

 

3.しかし、このケースの場合には

歯の位置のずれで、上下が逆になっている部分があり

これを修正すると、顎が自由に動くようになる。

 

4.顎の動きは、本人の意思ではなくて

無意識的にコントロールされているものなので

これが、自由に動かせないとなるろ

精神的にも影響があるかもしれない・・

 

5.ということで、自由運動ができるように

する価値ありと判断した。

 

6.治療にあたりデジタルシュミレーションを

したところ、2本の修復で、

歯の歯並びに修正が可能であることから

治療開始をした。

 

他の歯科医院と競合はしませんので、原則的にはカウンセリングのみ

歯を削って、歯並びを変えることは

歯の位置は変わらないので、

仕上がりがきれいではありません。

修復物は不変でも、

ご本人の歯周組織が変わってゆくので

時間とともに見た目が悪くなってゆくので

何年ごとに作り直しが必要となる場合が

想定されます。

 

制作中です

 

良い事例として、森の木をイメージしてください

乱雑に並んでいる木を切り落として切り株にします。

その切り株の上に人口で気を作って

木の上部だけをそろえる・・・・

切り株の位置は変わりませんので

とてもアンバランスです。

切り株が重なっている場合などは

もっとかっこ悪くなります。

 

削ってしまったら、虫歯も同じ 元には戻りません

歯は、いじればいじるほどダメになってゆきます。

 

ジルコニア矯正のために

他の歯科医院で相談後

来院された方です。

 

他の歯科医院と競合するつもりが

まったくありませんので、このような場合には

原則、「そちらの歯科医院がよいのでは」

ということにしています。

 

しかし、しっかりとカウンセリングして

思ったこと、事実をははっきりお伝えしています。

こちらの方も次の医院も

決まめているとのことでした。

 

あたりまでですが

この場合も、正規に矯正治療をするのが

一番だと思います。

しかし、「予算と時間」の問題があります。

 

 

気なる点を試適させていただきました。

この状態では歯がロックして、

顎が自由に動かないために

咀嚼時の自由運動ができない可能性があります。

という指摘をさせていただきました。

以前の医院では、複数歯を削って修復して

ホワイトングとセットでの

見積もりだったそうです。

 

 

一連のご説明後、ご本人はそれでもやりたい 意志表明があったので

患者さんも、話の理解できる

いい人 だったので

今回はデジタルシュミレーションをして

それを見ていただき、その後に意思確認を

することにしました

 

シュミレーションでは、2本をジルコニアで

置換することで、この問題は

どうにかなることが視覚化できました。

 

デジタルシュミレーション 現状

かみ合わせが交差して

はまり込むような形状になっていますので

顎が左右に動きにくくなっています。

 

かみ合わせを変えるため、2本をジルコニアで置換する

デジタルシュミレーションをして

2本だけで改善できることを確認

 

治療に関しては、基本的な事柄から開始

最初は診査から始まり

歯石除去などの基本処置が

優先となります。

お会いするごとにクリーニングを繰り返し

状態をよくしてから、開始となります。

 

技工物完成

この方向が正中です。

上顎歯列が 右に変位しています。

しかし、現実問題としては

ご本人の歯を見て、この点に気づく人は

ほとんどいないと思います。

実質的には問題がありませんが

技術的観点から

しっかりと把握しておくべきです。

 

いよいよ装着 少数歯のフルジルコニア修復は多少色に違和感

気にならない程度ではあるものの

 

歯並びに多少の乱れはあるものの

現実には問題にならないでしょう。

人間は機械ではないので

正中の問題は

誤差として問題はないと思います。

 

しっかりと上下関係の

不正配列の問題は克服されれ

顎が左右に動けると期待されます。

 

顎運動の診査

 

左 顎運動

今まで動いいなかった体の一部が

動き始めた直後です。

最初はぎこちない感じです。

 

右 顎運動

やはりこちら側も

可動範囲が狭い感じです。

しかし、一週間もしてくれば

脳が学習して、無意識にあごが

自由に動くようになるでしょう。

 

かみ合わせ、顎運動は無意識に市販されていますので

精神的は部分に影響を与えると

考えています。

 

誰もが無意識に支配されていますが

無意識を開放することによる効果は

知らず知らずに人の行動や性格に

影響を与えるといわれています。

 

個人的にはかみ合わせの乱れている人は・・・・

多くを語りたくはありませんが

かみ合わせの乱れた方の様子は

過去のこの最新情報の記事にあるかもしれません。

 

この症例の自由診療総額

●ジルコニアクラウン前歯 38,000円×2本

 

以下も参考にしてください。

●ジルコニア矯正に関して

●少数前歯ジルコニアは違和感に妥協が必要 クリック

●フルジルコニアの色に関して クリック




前へ:«
次へ: »

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600