やめた方がイイ!と 何度もアドバイスした例


【2020年10月8日 1:01 PM更新】

壊れたメタルボンドブリッジの交換をお望みなったが・・

事前審査で、土台になっている歯がきちんと処置されていない

 

下顎の時も、リスクがあるのでやめた方がイイ

とアドバイスしました。

理由その1 重度の歯ぎしりです。

 

やめた方がイイ 

理由その2 過蓋咬合だからです。

上の歯が完全にしたの歯にかぶさり

したの歯が見えないほどに深く噛んでいます。

●支台歯形成時に、クリアランスの確認などが

やりにくいため、切削量の確認がとりにくい事

●上の歯の裏側がかなり凸凹があり

きれいに歯を並べることと、きれいにかみ合わせを

作ることの両立が難儀である

などの理由です。

 

しかし、そうしてもとお願いされたので

下顎はジルコニアで修復しました。

実は、この部分はだれも手を付けていないので

ジルコニアでの被覆自体は、あまりリスクがありませんので

二回の通院でジルコニアクラウンを制作できました。

 

悪い部分は誰かが手を付けたところ

現在症状はありませんが、レントゲンなどで

診査すると、まともな根管治療なども

されていませんし、土台として一部使えない

歯があるようです。

 

二年前に他院メタルボンドのブリッジを装着

メタルボンドクラウンが割れたので

制作した歯科医院に相談したところ

半額で制作するといわれたそうです。

 

一般の歯科医院価格の半額ならば

当院で制作した方が

メタルボンドよりはるかに高品質のジルコニアが

他院のメタルボンドの半額より安価なために

当方でやりたいとお考えになったのかとお思います。

 

 

レントゲン等で審査すると、

このブリッジ製作に関しての

治療レベルがよくなく、

製作後にトラブルを起こす可能性が

高いので、当初はやめた方がイイ!

との方向性でお話させていただきました。

 

 

レントゲン上で危険な部分を除去すると

歯は完全に崩壊していました。

メタルボンドブリッジを口腔内で

二か所切断するのはかなり時間と手間がかかります。

土台は完全崩壊の状態です。

ある程度崩壊した歯の傷口がよくなったら

ブリッジを切断除去しました。

想定通り、他の歯の状態もよくありません。

 

ブリッジの支台としては小さすぎる歯が土台になっていました。

症状がないのでこのまま支台にしました。

歯はいじればいじるほどダメになります。

 

除去したメタルボンドも状態は悪く

制作二年とは思えない状態です。

 

 

かたどりの際に水平位置を記録

顔面の一部しか公開していませんが

この線が頭蓋骨が水平な位置です。

 

 

 

技工物完成

 

 

 

 

 

 

 

水平はほぼあっています。

 

 

より高度な水平位置合わせをして

顔貌を調整しました。

 

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600