普段からの心掛け 新型コロナウイルス対策


【2020年4月2日 5:01 PM更新】

歯科ユニットの水 次亜塩素酸水での対応

それぞれの設定での比較

下の画像は、試薬を用いて歯科タービンからの

水の塩素濃度を比較しました。

色の薄い順番に

19V 25V セルフメディカル・ポセイドン

の比較をしました。

 

さてこれらの塩素濃度は比較できるものの

絶対値が必要なために

定量的に測定できる器具で測定しました。

25V仕様の測定値は 16ppmでした。

 

新聞などで騒がれた、歯科ユニットの水ですが

「細菌がいない」レベルを超えて

殺菌能力のあるレベルに引き上げることが

感染対策につながると、日々考えていました。

そのための装置もいろいろと試行錯誤

してきましたが、感染対策は

日頃からの心掛けが大切だと思います。

 

試しに水道水を測定すると

残留塩素濃度は1ppmでした。

歯科のタービンから出る水に

抗菌作用があるならば

院内感染防止に期待することが

できると期待しています。

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600