お願い お知らせの掲示 感染対策による微粒子


【2020年3月25日 7:07 PM更新】

大量の次亜塩素酸水噴霧における、微粒子

水道中水中の石灰分(カルシウム)が微粒子になります。

次亜塩素酸水を水道水で希釈していますが

空中噴霧することにより、石灰分・カルシウムが

析出してきます。

 

大型ボイラーなどを使う場合には

「軟水器」というもので

石灰分を除去した水を沸騰させますが

大型の機械になるので、当方では準備ができません。

 

ポットや湯沸かし器にの内面に

白く硬いものが付着するもの

同じ現象です。

 

感染対策を優先していますので、

ご理解いただければ幸いです。

 

院内掲示もしています。

空中噴霧の浸透力は絶大と思うのは

引き出し 書庫の中まで浸透していると

思わせるのは、重ねたファイルの表面まで

白い粒子が入り込んでいます。

 

画像は書庫の中の、ファイルの表面です。

この様なところまで微粒子が侵入しています。

あきれるほどの透過力があります。

特に静電気を発生しやすいものに

多く付着するようです。

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600