パンデミック対策 1 新型コロナウイルス 空中除菌


【2020年2月18日 5:15 PM更新】

インフルエンザになって受診して、待合室で

感染対策として考えられること

ニュースや新聞で報道されている通りに

マスクや手洗いは当然のこと、

医療機関としてはやることはたくさんあると思います。

 

数年前から、インフルエンザ対策として

当院ではいろいろな対策を考えていました。

 

まずは院内の空気中のウイルス対策

空気中のウイルスに対して、まずはクリーン対策

この装置は 有名なIHIで製造販売されているもので

通常運転では、室内の空気を吸い込み

吸い込んだ空気をオゾンで電気分解。

オゾンはあまり吸い込まない方がよい

気体ですので、機械内部で分解して

室内戻してゆきます。

 

しばしば花粉症対策といって

フィルター式の空気清浄機というのがありますが、

個人的には過剰に空気を循環させることにより

床のダストを巻き上げるような気がしています。

 

この、オゾンエアクリンを二台、待合室と診療室に

 

 

この製品にい関しては、IHIシバウラのWEBをご参考に

オゾンエアクリア eZ-2000

https://www.ihi.co.jp/iat/shibaura/ozone/product/ez-2000.html

 

病院などでは、空気感染の可能性のある患者さんは

陰圧室と呼ばれる、空気が室外に漏れない

部屋での入院になりますが

パンデミックなどの時は、部屋が足りないために

簡易的に陰圧テントをを作って

体操する準備をしているそうです。

こういった場合に実際に使われているのが

この機種です。

IHIのカタログから

    

 

 

空気中に抗菌物質 酸性次亜水

 

当方のリピート患者さんならよくご存じの

高濃度次亜水ですが

これを80ppmほどに希釈

酸性度をph6程度に調整した

酸性の次亜水を、空気中にマイクロミストにして

噴霧しています。

 

検査機関のデータによると

空気中の99%が除菌できるとのことです。

待合室と診療室で噴霧しています。

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600