何度やっても取れるかも


【2019年7月9日 12:19 AM更新】

何度も記事にしている前歯の角の欠け

ここは、前歯修復の鬼門です。

専門的には

クラスⅣ級とい

「切端隅角の欠け」があるもので、

何度詰めても、荷重がかかったときに

外れる傾向にあります。

この場合は、下の歯とあたらないように

詰め物をするなど

いろいろと工夫をしなくてはなりませんが

それでも取れてしまうことを

了承していただかないと

充填できません。

 

別の症例 前歯が欠けて来院

拡大鏡で観察すると、修復の痕があります

この場合にも、説明後

レジン充填をしました。

 

上記の2症例の場合にも

歯を削り、セラミックやジルコニアで

修復することは、お勧めしません。

クラウンをかぶせることは

歯を大きく削らなくてはならないからです。

 

究極的には、ラミネートという

方法がありますが、

そこまでするのも

芸能人以外には過剰に思えます。

 

 

 

★より詳細な情報や症例は 2019年特設ページ こちら

https://dr-kita.com/dental2/

 

★細かな情報はブロトップから

http://dr-kita.com/wp/blog

 

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600