アライナー矯正のためのデジタル化


【2018年12月12日 11:19 PM更新】

最初にお口の中をデジタル化

口腔内スキャンで、お口の中をデータ化

スキャンデータ 上顎

単なる写真のように見えますが

レーザーによる三次元計測データが

密に詰まっています。

この精密データは1/100mm単位まで

正確にコントロールできます。

このデータのままでは

限られたマシンでしか処理できません。

これをオープンシステムで

汎用性のあるデータに変換しなければ

デジタル処理に幅が出ません。

 

汎用性を持たせることにより

デジタル分野で幅広く応用することができます。

 

汎用性のあるデータに変換しました。

これが、現在の3Dデータの主流である

*stlという拡張子を持った

データファイルです。

 

このファイルを処理できるプログラムや

マシンで、いろいろなことが可能となります。

 

口腔内スキャンにるデータ化は別の名前では

「デジタル印象」

「光学的印象」

とも呼びます。

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600