インプラントなのに入れ歯? 不調を訴え来院 入れ歯とお別れしてかみ合わせを作る 工事中


【2024年5月8日 7:02 PM更新】

概要

多数のプラントが埋入されていますが

かみ合わせなの苦痛を訴え 来院されました。

「入れ歯とインプラント」かなりのアンバランスですが

入れ歯でなくセラミックブリッジに交換して

きちんとしたかみ合わせを確立し

ご本人の苦痛を可能な限り緩解するための

処置をしています。

 

不正なインプラント上部構造と入れ歯

初診時 かみ合わせなどの不調をチェック

 

インプラントと入れ歯の組み合わせが

アンバランス

入れ歯が2個

 

上下のインプラントとセラミッククランが噛んでいません。

従って入れ歯も噛んでいないので

単なる異物でしかありません。

 

第1段階 上顎右側の奥歯から治療開始 セラミックを除去してジルコニア製作

インプラントのセラミックを除去

 

奥の二本のセラミッククラウンを除去

 

セラミッククラウンからジルコニアクラウンに交換

技工物完成

 

第2段階 下顎右側のブリッジ制作

ここに歯入れ歯が入っています。

 

 

金属クラウンとセラミッククラウンを除去

 

下顎インプラント上部構造ブリッジ 完成

 

上顎には、ジルコニアクランが装着されているので

これに合わせてジルコニアクランを制作します。

インプラント上部構造除去

ブリッジ装着 第二段階終わり

 

 

第三段階 下顎左側除去開始

 

 

インプラント上部構造除去

 

 

左下のジルコニアブリッジ完成

 

これで前歯の入れ歯の部分を含む広範囲な

ジルコニアのブリッジが制作可能になりました。

この画像を見てなにを意味するのか理解できないかもしれませんが

初診時画像と比較すると、左右の歯の高さが

要するに咬合平面がかなり一致してきています。

良好なかみ合わせができています。

右に比べ、左側は大きく下に落ち込んだ形態になっていたので

左右がかなりアンバランスでした。

 

一応比較画像

これで多数歯のブリッジ クラウンで

入れ歯なしの自分の歯と同じようなものが制作できます。

8本 10本 どちらでも可能です。

 

続く

 

 




前へ:«
次へ:

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600