かみ合わせ 咬合のきわめて悪い例 かみ合わせ不良クラウン


【2024年3月29日 10:05 AM更新】

 

本当にかみ合わせの悪い人は気が付いていない 1人目

誤ったかみ合わせで制作された CAD/CAM冠で咬合異常

一見してすぐ判断できる症例です。

cad/cam冠の状態がおかしいので

ジルコニアクラウンに交換をご希望で来院されました。

両側のキャドカム冠を除去して一週間後

ジルコニアクランの製作を開始できる状態になりました

 

本当にかみ合わせの悪い人は気が付いていない 2人目

ジルコニアクラウンを制作前にかみ合わせチェックして不正を修正

最近 間違ったかみ合わせの方が

多く来院されますので

改めてこの話題を。

きちんと審査、調整されないまま

装着されたクランなどは

きわめて危険なかみ合わせのままになっていますが

後にこれが、身体 精神に重大な

悪影響を与えることになる可能性があります。

ジルコニア制作前のかみ合わせ確認で異常を修正

過去の修復物の間違ったかみ合わせで

前歯が開口状態です。

銀歯と反対側の小臼歯部分(前のほうにある奥歯)は

噛んでいません。

金属クラウンの

一点でしか、上下の歯がかみ合っていません

下額のクラウンが点ならば、

上顎のは板とイメージすると

紙の上を自由に動くボールペンのごとく

きちんとした定位置に上下が収まる場所が

消失しています。

 

 

一本のクラウンがすべてを狂わす

不正なかみ合わせの金属クランを除去

クラウン除去後

 

不良金属クラウンを除去して二週間

金属クラウンを除去してかみ合わせを修正

修正後に本格的に修復物を作成してゆきます。

 

ジルコニアクラウン製作開始

この方は奥歯が一本ないのですが

ブリッジにするより、単独クラウンにすれば

一本の経費だけで出費が安くなります。

2本分の隙間を1本で納めるので

歯が少し大きくなります。

 

本当にかみ合わせのおかしい人は 自分では気が付かない 3人目

上下をかみ合わせた状態で、前歯が開いている

かみあわせ以上のインレーブリッジ入ってるので

お口が開いたままの状態です。

これでは前歯が機能しないばかりか

体のゆがみに起因する体調不良や

精神的な悪影響の可能性もあります。

 

細かく観察すると、前歯接触していた痕跡があります。

若干の調整をしました。

左右のバランスに若干の改善がありました。

 

鏡で写しているので左右逆転していますが

原因は奥歯のインレーブリッジのかみ合わせが

異常に高いことがわかります。

 

インレーブリッジ除去

いつものことですが、インレーブリッジは予後が悪く

土台になっている歯が重度の虫歯になり

崩壊してい事が多々あります。

 

除去したインレーブリッジ

 

除去後かみ合わせは変化して

上下の前歯の距離は近くなりました。

 

二か月にわたり詳細に調整してゆきます。

歯並びの歪みは 顔面の歪みとなります。

しかしかなり改善してきました。

 

ある程度かみ合わせが安定した時点でジルコニアブリッジ制作

インレーブリッジをジルコニアブリッジに交換しました

 

 

 

かみ合わせはさらに改善して、前歯が接触するように

 

体の変化を期待する場合には、治療には時間を掛ける

6か月後、前歯をジルコニアクラウン修復が

適応できる状態になりました。

 

 

 

北村歯科WEB内検索

 




前へ:«
次へ: »

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600