コロナ禍だからできたこと


【2022年2月7日 11:53 AM更新】

全国的にコロナ禍で患者さんが少ないので

技術向上のため歯のデジタル設計に時間を掛けて

詳細な設計をしてみました。

 

歯列矯正程度にジルコニアクラウンの形態を設計

ジルコニアクラウンで大胆に矯正はできませんが

ある程度、歯列を整えることは可能です。

銀歯を白い歯にするという目的で

歯の除去を開始

かなり内側に倒れています。

せかっく白い歯にするならば

可能な限り歯並びも矯正する努力をします。

 

歯を外側に矯正するのに、上の犬歯が障害

犬歯を加工してた入れた歯を起こして

外側に移動させたいのですが

神経のある歯なので限界があります。

 

デジタルデータにして、CADで検証

このままだと、犬歯に近似している形態なので

それを修正して奥歯にそろえるように

再設計しました。

上顎の犬歯を加工したので

倒れた歯を起こして設計可能となりました。

 

技工物完成

かなりいい感じで矯正できています。

口の中に装着

かなりいい感じの仕上がりです。

 

かみ合わせも良好です。

次回に手前の犬歯の虫歯を修復予定です。

 

最後に虫歯を修復

 

この症例の自由診療総額

●ジルコニアクラウン奥歯 32,000円×1本(税別)

 




前へ:«
次へ: »

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600