連日来院する、とんでもない治療の後始末、その6


【2021年4月21日 2:47 PM更新】

根管処置を放置して充填してある例です よくあることです。

根管処置は歯科診療で最も面倒な処置です。

レジン充填後の歯が痛いと来院

この画像を見て、最初に考えることは

レジンの薬品毒による、歯髄の壊死・壊疽です。

一般的には根管処置のしてある歯には

この様な修復がしてありません。

 

歯髄壊疽を想定してアクセスオープニング

根管処置の跡が見えません。

さて・・・器具で根管にアプローチすると指に感じる

抵抗感がおかしい・・・・何かあると・・引き抜いてみると

綿栓・・・綿が入ったままです。

 

綿栓を引く抜くと、根尖より黄色い膿が噴出してきました。

歯根の先端には、膿がたまるスペースがないため

内圧による激しい痛みがあります。

引き続き処置を続けると、もう一本出てきました。

 

この状態で、激しい内圧の下がるまで待ちます。

根尖からは血交じりの膿がどんどん出てきます。

何度も洗浄を繰り返し、内圧を抜いてゆきます

 

この後、根管内に貼薬して、オープン・解放処置をして

抗生物質・消炎鎮痛剤を処方します。

 

この症例の場合はあまりにも「かわいそう」です 

処置が遅れると、顔面が腫れあがり

患者さんは大変な苦痛を味わうことになります。

何事も、見えないところが勝負どころです。

 

参考事例

歯医者のいうことは信じてはダメ! クリック

 

 

 

 

 

 

 

 




前へ:«
次へ:

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600