メタルボンド・クラウンが割れたと来院


【2020年10月23日 7:52 PM更新】

メタルボンドクラウンの割れ方 壊れ方の例

メタルボンドは、金属のフレームにセラミックを

高温で焼き付けると、金属とセラミック・ポーセレンが

接着するためにこの名前となっています。

 

表面のセラミック部分が、はげ落ちました。

セラミック部分には強度がないために

セラミック部分が割れることが割れる原因です。

 

裏側から見ると

かみ合わせで金属部分に

凹みがあります。

 

かみ合わせによりセラミック部分が割れることが

ほとんどなのですが、

この場合には金属フレームのゆがみで

セラミック部部が破損したのでしょう。

 

表面のセラミックがはけ落ちるパターン。

 

このメタルボンドは透明感がありません。

メタルボンドは製作時にある程度の厚みが

必要となります。

したがって歯を大きく削らければいけない

という短所があります。

 

また、前歯などでは

厚くなりすぎることもよくあります。

ジルコニアが普及した現在でも

セラミック修復の主力です。

 

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600