コロナには歯磨き 定期整備の重要性 緊急事態解除後の来院その4


【2020年7月31日 4:44 PM更新】

定期的に通院している方

一番大切なのは長期管理

この患者さんは2015年に

上の歯にe.maxのクラウンを製作した方です。

 

2020年7月定期整備後の画像

定期的に通院されている方は

超音波スケーラーの出力を上げて処置しています。

初診でいらした方は

高出力でスケーリングをすると

相当量の出血があると思います。

しかし定期的にお手入れしている方は

歯肉の炎症 すなわち歯周病が

ほとんどストップしている状態なので

ほとんど出血しません。

下の歯が変色していますが、

この下の画像と比較してみてください。

この程度なら、簡単にもとに

戻すことができます。

 

レジン充填(プラスチックを詰める)は劣化する

2015年12月

上の画像と比較して大きな違いは

下の歯が着色しいることです。

この時点では、レジン充填も

ほとんど目だつことなく充填できました。

しかし長い目で見ると、レジン充填は劣化して

変色したり、減ってくるという欠点があります。

 

定期的なメンテナンス

一番力を入れていることです。

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600