まだまだ緊急事態は続きますが


【2020年5月12日 6:46 PM更新】

緊急事態休診の間は、時間なく作業をしました。

感染予防の基本は、排水 換気

緊急事態中には今まで気になっているところを

修復することにしました。

まずは水回りから。

院内を強力な換気で空気の入れ替えをする際に

診療室内が陰圧になりますので汚水関係から汚染された空気を

吸いだすことにならないように

配管をきちんとすることで、排水系から

気体を吸い出さないようにしました。

 

歯科医院専門といっても全くあてにならず。

ここの医院は都市開発で強制的に移転させされたので

建設中も仮設店舗で診療をしていました。

細かいところまでチェックしていなかったことを

反省しています。

業者に任せるとどうなるのかわからないことは

わかっていましたが、今回はこれを修正です。

 

 

 

 

 

 

歯科のバキュームは水 空気 と一緒に汚物

機械室という独立した部屋の中で

水と空気を分離する「分離器」を設置

水分は下水に排水します。

この部分から、配管内のエアを吸い出すと

感染の原因になりますので

しっかりとした対策をします。

一般的な歯科の工事では

そこまでは気にしていないのが実情です。

 

ここにあった分離機を

 

分離器を移動して、メンテしやすい位置に

合わせて陰圧でも汚れたエアが上がってこないように

対策しました。

空調工事までの暫間仕様です。

 

この後、現在ある天井からの排気ダクトを

強化します。

 

機械室には、オゾン発生器を設置

 

オゾンユニットとエアポンプを組み合わせて

一時間に3000㎎のオゾンを発生させます。

 

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600