下書き 予後が悪い、インレーブリッジ


【2022年6月24日 12:39 PM更新】

概要

インレーブリッジは極力避けるべきです。

やってはならないと言いたいのですが。

ブリッジの支台・・・土台にする歯のことです。
支台にインレーを使うと

その葉が深い虫歯になってしまっている

事例によく遭遇します。
天然の歯は「生理的動揺」といって
ある程度の動きがあります。
個々の歯が動くために
ほとんどのインレーブリッジにおいて
インレー部分の接着がはがれ
インレ-の下が虫歯になっている様です。

またインレーブリッジ脱離で
来院する患者さんも多くいらしゃいます。

インレーブリッジは土台にしている歯が虫歯になる可能性が高い。

 


右上が痛いと来院
インレーブリッジ
インレーブリッジを除去
インレーブリッジ除去 歯肉炎

歯のないところは

重度の炎症を起こしています。

インレーが入った歯の虫歯

インレーの支台になっている歯は虫歯になり
神経まで侵されてる状態で

痛みが出ています。

虫歯は深くなってる
除去したインレーブリッジ
金属をカットしないと除去できませんが
そのままの状態で簡単に除去できます。
除去したインレーブリッジ

 

 




前へ:«
次へ:

新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600