cad/cam 冠(キャドカム冠)の破損で来院


【2018年4月12日 9:57 PM更新】

強度の面と 脱離で不安のあるキャドカム冠は割れる

近年、健康保険の適応となった

キャドカム冠ですが、

強度不足と、外れやすいという欠点は

ありますが、かなり普及してきた様です。

 

当院では自由診療安価プロモーションの関係で

取り扱い申請をしていませんでした。

しかし歯科金属の価格が異常高騰した関係で

2019年末より申請して制作を開始いたしました。

 

今後のの課題としては、割れないために

非常に厚く制作する歯科医院や

脱離防止のために、歯に深い穴を空けてくる

医院が多くならないように祈るばかりです。

 

健康保険の関係で,「補綴物維持管理」

という項目があるので、

もしもの場合には、2年間再制作しても

健康保険での算定ができないために

何が何でも2年間は持つように考えるのは

当然のことだと思います。

 

もしも割れたり、外れたりした場合には

製作した歯科医院でご相談すれば良いと思います。

 

さもなければ、ジルコニアに変えるという

選択肢もありますが

安価とは言え、

自由診療ではある程度の負担が増えるので

これは、信頼出来る歯科医院で

ご相談すれば良いと思います。

 

cad/cam冠割れて来院されました。

おかしいことに、並んでいる修復物が

すべて違う種類です。

割れているのが、

健康保険適応のキャドカム冠です。

 

金属アレルギーで多数のCAD/CAM冠を入れたが、破損多数で来院

CAD/CAM冠は 強度が劣るために複数歯への適応が困難

CAD/CAM冠の場合は、強度が劣るばかりでなく

力に対するゆがみもあるために

脱離も多く起こります。

 

これは、入れた歯医者さん悪いわけではなく

物性的な問題です。

 

したがって、あの手この手で

いろいろな工夫をしなくてはなりません。

 

一番の解決法は費用の問題がなければ

ジルコニアに変え事ですが、

そこは個人の価値観で決めるとよいと思います。

しかし金属アレルギーの場合は選択肢がないのが

悩みの種となります。

 

金属アレルギー 保険のプラスチックで修復した例

CAD/CAM冠は、プラスチックに

セラミックの粉を混ぜて固めたものです。

一応セラミックといいますが

中身は混合プラスツック いわゆる

ハイブリットセラミック 混合セラミックです。

 

金属アレルギーで、すべて保険で治療したけど

かたっぱしから破折して、来院されたケースです。

 

金属アレルギー 保険のプラスチックで修復したけど

https://dr-kita.com/dental2/metal-allegy2.html

 

 

純チタンのクラウンが適応になりました。

 

2020年6月より 健康保険で

純チタンのクラウンが適応になりました。

チタンは金属色をしていますが、

生体と親和性がよく

金属アレルギーの心配がありません。

 

金属アレルギーの方は

チタン製の腕時計をしている方が多いのは

そういった理由からです。

 

しかしながら、純チタンクラウンは

鋳造で制作されたものしか

健康保険で認められないので

技工作業での手間がかかり

扱いにくく、設備関係にも費用が掛かるので

扱っている歯科技工所が少ないのが現実です。

 

当方では、歯科医師対象のセミナーを

主宰しているために、いち早く導入をいたしました。

 

割れないCAD/CAM冠への努力(歯科医院向け)

設計の段階からの工夫

CAD/CAM冠が保険適応になった際に

支台歯形成の方法などがあれやこれやと

いろいろな指針が各方面から提案されました。

しかし、技工作業の段階で模型をトリミングするのは

常法なのですが、その部分に厚みを作るために

設計段階でダイレクトに

スキャンして設計することを

セミナーで細かな解説をする予定です。

 

オフセットの立ち上がり角度を広めに

マージンンの設定は歯肉上に設定

 

模型をスキャンして適合

歯肉上にマージンを設定してあるので

きれいに適合する

 

試適状態

健康保険選択の患者さんは

口腔内衛生状態が

あまりよくないために

歯周組織の状態があまりよくない場合がある.

当該歯の手前の歯は

歯肉が落ちた状態です。

完成CAD/CAM冠 裏側から

 

マージンからの立ち上がりが

よくわかります。

この状態だと歯肉と歯の間に隙間があるように見えるのですが

CAD/CAM冠の欠点である「破折 割れ」に関して

抵抗性を持たせることができます。

 

 

CAD/CAM冠を別の方向から見ると

 

この立ち上がりに設定すると

肉厚が厚めに設定されます。

しかし肉厚を厚くするために

支台歯を小さくすると、装着したCAD/CAM冠が

脱離しやすくなります。

 

2020年までキャドカム冠をやらなかった理由

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 




前へ:«
次へ: »

ブログ新着記事
カテゴリー別
月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600