デジタルでの歯列矯正


【2018年12月5日 2:56 AM更新】

近年の歯列矯正のトレンド アライナー矯正

インビサラインに代表されるアライナー矯正

透明なマウスピースで歯列矯正

  ここ2~3年で急激に伸びてきた矯正方法に

アライナー矯正 があります。

インビサラインは商標登録された

アライナー矯正の一つですが

その他にも多くの商品名がありますが

歯列にはめる透明な

透明なマウスピースを使った矯正の

一般的な呼び名となっています。

 

このテクニックは歯科医師のものとで

行うこともちろん、

海外に技工物を制作する医院も多く

基本的な矯正のテクニックも大切な要素となります。

 

昨年度、日本矯正歯科学会から

アライナー矯正に関する指針が公開されましたので

そちらも参考にするとよいでしょう。

 

 

なぜ 急激に普及したか

その理由は明白であって

デジタル化の普及が一番だと思います。

 

デジタル技術を応用することにより

今まではほとんど不可能であった

治療前から、治療後までの歯の動きや

開始-終了 までの状態を

3Dで見ることも可能となりました。

 

したがって、3D画像データがあれば

専門家に診断、治療計画や技工作業までも

依頼することが可能となりました。

 

 

とりあえず、当方のPCに入っていた

3次元データをもとに

試験的に歯を動かすシュミレーションを

してみました。

 

本来ならば矯正目的の3Dデータですが

実験的に簡単にシュミレーションしました。

 

プログラムがはじき出した治療期間は

約14か月.

 

制作するマウスピースは27個

 

一か月に2回新しいマウスピースに交換して

歯を動かす。

 

という治療計画も算出されました。

 

あまり良いし症例ではありませんが

シュミレーションした歯の動きを

動画にしてみました。




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600