引き続き、不正咬合が続きます。


【2018年6月22日 10:58 AM更新】

不正咬合が多いのは誰かが手を付けたところ

ジルコニアなどの製作時に噛み合わせのチェック

奥歯の金属をセラミックに交換して欲しいと来院

 

奥歯の金属クラウンを、

白い歯にしたいとのご来院された方です。

噛み合わせをチェックすると

本来噛み合っていただろうという

糸切り歯・・・すなわち犬歯が

噛み合っていません。

 

この場合に犬歯は良い目安になりますが

犬歯だけではなく、それに続く奥歯・・・

臼歯と呼ばれる歯もかみ合っていません。

 

この場合には不正咬合の調整が必要です。

角度の関係でこの画像では分かりませんが

前歯も噛み合っていません。

 

 

上下の犬歯(糸切り歯)が噛み合いました

調整後、上下の犬歯、小臼歯がそれと前歯までも

きちんと噛み合う様になりました。

過去に装着した、銀歯が異常に高くて

多数の歯が噛み合っていませんでした。

 

いつも書いていることですが・・

かみ合わせのおかしな部分は

誰かが手を付けた部位

です。




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600