ホワイトニングの条件


【2018年5月7日 3:36 PM更新】

ホワイトニングを施術する前の最低限の条件

汚れを落とすこと

ホワイトニングをするにあたって最低限の条件は

汚れを落とすことです。

ホワイトニングは本来は

ブリーチングとよばれ漂白作業です。

衣類などを漂白したり

コーヒーカップなどのを漂白するときは

「洗ってもきれいにならないから

漂白をする。」といえば

何となく理解できると思います。

 

ホワイトニング前の歯面磨き画像

必要と思われる場合には、

ホワイトニング前に

手磨きで歯を清掃します。

汚れというより、この場合は

歯の表面のぬめり---

バイオフィルムの除去をしました。

や 

 

もちろん虫歯があっても

ホワイトニングは適応ではありませんし

先天的な着色や歯の亀裂

歯ぎしりなども審査します。

クリスタルブライトニングはつるつるピカピカ

クリスタルブライトニングの特徴は

白くなるというより

色素分解により明度を向上させ

またエナメル質の透明感が出てきますので

水晶の様な輝きがでてきます。

 

ホワイトニングを超えたブライトニングです。

 

この方の下の前歯を見ると

歯ぎしりによる摩耗があります。

しかしながら、この方のケースは

知覚過敏や術中にしみるということもなく

問題はありませんでした。

 

ホワイトニングは状態の良い歯ほど効果的

ホワイトニングにいちばん適している歯は

虫歯にもなった事がなく状態が良い歯ほど

効果的です。

 

逆にホワイトニング効果が落ちる原因といして

  • 歯に亀裂などの損傷がある
  • 虫歯の詰め物がある
  • 虫歯の詰め物が劣化している
  • 先天的な着色がある
  • 初期虫歯により歯の表面が荒れている

などが考えられます。

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600