2019年 特設ページ

ジルコニア矯正 そのリスク2
修正ややり直しの手間は大変


トラブルを抱えた、多くの患者さんの対応をした実例



自由診療を安価にするプロモーションで
対応で困ったことをまとめると

クリスタル・ブライトニングセミナー
を受講の医院様に向けて
自由診療を安価にする
プロモーションを提案してきました。

2013年からプロモーションを開始して
あっという間に2000ほどの症例を
手がけてきました。

プロモーションを続けてゆくうちに
頭を悩ますような症例に多数
遭遇する結果となりました。

ネット時代となった現在では
ネットを閲覧して
多くの患者さんが来院なされますが

「このような患者さんも来院するので」
という歯科医院向けのセミナーのための
スライドなどからWEBサイト向けに
まとめてみました。

一般の歯科医院では、対応が困難な事例が
多く含まれています

2019年版 時間と手間が掛かった症例のまとめ

協力的な患者さんたちだから、ここまでできました。

ああだこうだのと言っていては無理だったのでしょう。
患者さんに了解を得た症例から選択しました。

治療を困難にする要因

1.治療途中で他院からの転院


どちらかの歯科医院で治療途中で
最終的に修復物を入れるという段階になって
自由診療の価格を検索して
安く製作可能な所を探すのは
当然のことかもしれません。

2.治療放置または治療途中で仮歯のまま来院
他院からの転院.治療放置の典型的パターンです


仮歯の放置 軽傷で済んだ症例 クリック

仮歯放置はとても危険な行為 クリック

仮歯のままだと、歯がダメになる クリック

3.多くの歯科医院を渡りあるき
いじくりまわされた事例


4.ネットでの中途半端な情報をもとに
あれやこれやと理不尽な要求をなさる方


どんな職業でも営業活動においては
良いことを羅列して
顧客に対して売り込みをするのは
当然の行為だとは思います。


歯科診療というものは。
手を付けてしまったら
元には戻らない事を
忘れてはならないと思います。

特に困難なのは、
他の歯科医院で手を付けて
きちんと処理していない場合です。

それに咬み合わせの問題などが加わると
より大変なものになります。
本来の状態が分からないほどに
いじくり廻されている症例に
頻繁に遭遇します。

ネットを見て、
あっちの歯科医院、
こっちの歯科医院と転々と渡り歩き

1.方向性の見えない様な処置や
2.治療途中でのやりっ放し
3.仮歯のまま放置
4.不適合な修復物
5.欠損部分を放置のために顎の変形
6.矯正治療のやりっ放し

などを多く経験しました。

そして最も困るのは
間違った知識をもとに
要求をなさる方と

ご本人の性格的な,問題で
ああだこうだと
あまりにも細かいことを言う方です。

ネットで書かれていることは
嘘 間違えとは言いませんが
いいことだけを書いてある場合や
自分のところの症例でははく
メーカーなどからもらった画像や
画像そのものに
加工を加えたものが
多いようです。

主要な情報ソースとなった
インターネット上には

ものすごい量の情報があります。
か中にはオーバーとも思える情報や、
誇大な宣伝とも思われる情報もおおく見られます。

困った問題は、そのネットの情報だけで
頭でっかちになり、
トンデモない間違えを信じていたり
やたら専門用語を使っても、
知識が断片的にである場合も
しばし遭遇いたします。

また、その記事が書かれたものの時期にもよって
情報の重要度は大きく異なります

 

当方としては、つまらぬ論議をするつもりも
全くありませんし、
営業をしている訳ではありませんので
それを否定するような事も
しないことにしています。

ただ、きちんと双方の合意があっての
治療開始です

場合によっては
当方では相手の要求に
お答えできないと
判断させていただく場合もあります、 

一言
「ネットを100%信じないで欲しい」と思います。


5.あぶないない歯科医院での処置


東洋経済の記事などを参考に
考えて下さい

ヤブ歯科医に騙されがちな人が見落とす盲点
https://toyokeizai.net/articles/-/227140


最近では 「この歯がダメ」
といわれて、多くの歯を削った後に

「1本**万円だから
全部で***万円」


といわれ、放置のままの方が
非常に多く来院されます。

これを東京都内パターンと
勝手に命名しましたが
「勝手に削られた」
と訴える方も
数多く来院されます。

一度に大量の歯を削り
仮歯にした場合には
患者さんは修復物を作るしかなく
やるかや?めるか?
患者さんは
その状態からは
逃げようにも逃げられません。

早い話が歯医者に捕まった!

歯医者としては

5人に一人でも
200~500、万円になれば
御の字なので
宝くじより高確率です。

そのような場合は
元の状態がまったくわからないどころか
病巣や炎症
かみ合わせ不全を起こして
治療が困難となります。

人為的にいじくり廻して
元の状態に戻すのが困る場合。


自由診療目的で来院の方へ
あらかじめ理解していただきたいこと

金属を交換などをしたのちも、トラブルのリスクはあります


修復物を除去するとひどい虫歯など 
金属や古い修復物は
除去しないと詳しい状況も把握できません。
除去した状況は
必ず患者さんにお見せして
相談することにしています。

場合によっては使いた用困難な歯や
すぐには修復物を制作できない場合があることを
あらかじめご了承いただきたく思います。
あの手この手で、可能な限り
対しています。
一般歯科医院と異なり、様々な治療器具、治療方法に
対応しています。

かぶせ物交換のために修復物を除去すると クリック

メタルボンドを除去すると、生活歯(神経のある歯)が虫歯に
YAGレーザーを用いて虫歯を処置した症例
 

メタルボンドクラウンの除去
古い修復物を除去するには覚悟が必要です

同じくメタルボンド除去の症例
除去したらかなりの虫歯になっていました。

前歯除去の例 その1 

前歯除去の例 その2 

あの手この手で問題に対応してますが
対応しきれないこともあります。

繰り返し書きますが、虫歯は治らない

神経を取ると、トラブルの確率が高い


トラブルの原因をまとめると


1.一番多いのが 
金属を除去してかぶせ物だけ交換した場合

に過去の治療が問題で症状が出ることです。 

2.金属を除去して
かぶせ物だけ交換した場合 

3.過去に根管治療をしてある場合には
その責任分担が生じる


金属を除去してそのまま修復物を作ることも
しばしばあることですが、
交換したときには何ら症状がなくても
体調の悪いときなどに
炎症が起きることがあります。

一度神経を取ると
その歯は生涯にわたって
無菌には戻りません。

また、コア、アバットメントと呼ばれる
歯の土台に関して
除去をすると歯を痛めると
想定できる場合には
そのまま利用しますが
時間が経過すると
その歯が痛んだり
土台ごと脱離することも想定されます。

下の炭酸ガスレーザーでの症例などは
そういった事例に歯の外側から
対応した
典型的な例です。

仮歯は危険な行為 放置して虫歯が骨まで貫通
歯周病まで併発 炎症は前歯の歯肉を破壊
 

炭酸ガスレーザーで対応した症例
一般に「根の治療」と呼ばれる根管治療に関して
一度根管治療をしてある歯は、生涯無菌には戻りません

炭酸ガスレーザーで、根尖病巣処置
メタルイオン(メタルタトゥー)のある症例
 

亜急性の根尖病巣
この場合には投薬はしていません。
 


ジルコニア矯正 メニュー

 1.ジルコニア矯正 こちら
     ●ジルコニア矯正 とは 何ですか??
   ●ジルコニア矯正のリスク続き 手を付けた部位の修正ややり直しはたいへん
   ●悪くなるのは誰かが削った所その2
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 削ったままで来院 
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 下顎の前歯には要注意
   ●矯正が目的でなくても、ジルコニアにするなら美しく
 今までの特設ページにも、参考になる事例がたくさんあります。 こちら
 2019年特設ページへ戻る




  • このエントリーをはてなブックマークに追加