転院の方 有名大学からのご紹介【転院事例1】

制作中です

レントゲンだけ見て、抜去するのは短絡過ぎる

とある一流企業の歯科診療室からのご紹介です。
企業内の診療室では制限が多いために、
そこでは対応できることが限られています。

非常勤で、大学病院より歯科医が
来ている所も多い様です。

この症例の場合には、根管治療を大学に委託しようとしたが
大学よりお断りされて、当方にご紹介となった例です

レントゲン画素だけで抜去の判断はしないで


転院の患者さんが多いとしばしば遭遇する話ですが
レントゲンだけで、「この歯を抜く」と言われた・・・
という事例に良く遭遇するのですが
要は程度問題だと思います。

ジルコニア矯正のリスクでも書きましたが
我が国で根管治療で、レントゲン的に何らかの
病変があるのは7割ほどで
よほどの事が無い限り、レントゲンだけで抜去をしない事を
お勧めいたします。

確かに、大きな膿瘍は根尖病巣がある場合
顎骨の破壊が大きいときなどは
抜去を考えなくてはなりません。

レントゲン画像だけで、歯を抜くとは決めない。

一流企業歯科診療室から紹介された大学専門科では

この歯を抜くとのことでしたが・・

感染根管処置は、障害にわたって無菌に戻ることはありません。
したがって、処置後も症状が出るリスクがあります。

処置した歯が、症状を起こすことは良くあることですが
エリートの方は、それを嫌がります。
症状の出る可能性があっても
保存に努力することに価値があるのだと思います。

リスクを取りたくない方は
この歯を、抜去する方向で考えます。

別の方向から考えるなら

どんな仕事も商売と考えると


一般的には歯科医は、歯のないところ
「欠損部」というのがあれば
大きな収入になります。

一部の歯科医院では、営業活動からの
視点で、これを抜いて欠損を作る事を選択する例も
多くあるのだと思います。

一般的な相場では、
自由診療のブリッジで、30~60万円
インプラントで 30~60万円
の営業成績となります。

当方はちょっと変わりものなので
患者さんにそのリスクを説明して
ダメだ!といわれた物を
立派に再生する事に価値を感じます。

痛くも痒くもない歯を抜いて良いのか??

これを見て、抜去を決めたレントゲン


紹介状に添付されてきました。

確かに抜く判断も間違ってはいないと思います。
しかし、実際に中を見て
最終決断をするべきだと
考えています。


エリートと思っている人はリスクを取りたくない


これが当該歯のです。

いい加減なコアが入ったまま
放置になっています。

レントゲンとこれを見て、抜去も適応だと思います。
しかし、リスクを取らないでこの歯の治療を
放棄するのは情けないと思います。

当方はエリートではないので
この症例を含めて、ほとんどの症例に関して
これを治療出来るかどうか、
レントゲンと合わせて、判断しています。
●リスクを取りたくない場合
●治療の手間を惜しむ場合
には、抜去が選択肢となります。



コアを除去すると、きちんと原型がありました。


かなり痛んでいる歯にはまちがいははいですが
きちんと根管治療をして
保存する治療をする事にいたしました・


ニッケルチタンファイルでの根管治療

ますは、当該歯をおきれいにする

ニッケルチタンファイルでの根管治療は
ロータリーファイルをファイルを使った
ワンファイル法で行います。

綺麗になってきた根管の様子

ワンファイル法で根管内を処理しています

ワンファイル法といっても
使用するのは1本だけではありません。
その辺は臨機応変に使い分けをします。



ワンファイル法の手技として

いつもの定番 wave-one Goldを使用


1.プロテーパー D1ファイルにて、上部ポイントの除去
2. この場合には遠心根が根尖まで充填されているので
レシプロックでポイントを除去しました。

柔軟性のあるwave-one Goldより
やや固めのレシプロックの方が
根管充填剤の除去には適しているので
それを利用しています。

この症例のように、感染根管いわゆる
「リトーリートメント」では
プロテーパーはあまり使用しません。

同様に、柔軟性のある
プロテーパーSX Goldもあまり使用しません。

セミナー受講の医院様にお配りした
診療室サイドマニュアルは、
基本である、イニシャルトリートメントを想定して
製作してあります。

根管充填剤が除去できた後
#10のハンドファイルで
根尖部を穿孔しておきます。
感染根管処置の肝となる部Bなる部分です。

3.ここからweve-one Goldの
プライマリー#25
ミディアム#35で根管形成をします。

4.根管充填は ワンファイル法で
06テーパーのwave-one 専用ファイルと
シーラーは AH Puls をいつも使っています。




根管充填後、模型を作成してファイバーコア

下顎の第一大臼歯の場合には、根分岐部要注意です。



ある程度工夫しないと
根分岐部に感染リスクがあります。
この後形態修正をします。



最後にジルコニア装着

マルチレイヤーA3が、VITAのA2に相当

手前の歯はメタルボンドクラウンですが
おそらくA2シェードだと思います。

やや白色が強いので、
もしかしたらB2で製作されているかもしれません。
メタルボンドクラウンの場合には
金属の色を隠すために
オぺークというペンキみたいな
ソリッドなモノを金属に焼き付けてから
セラミックを築盛してありますので
オペークの色に、完成色が影響する場合が
かなりの割合で見受けられます。




このケースはご紹介でしたので気楽にできましたが・・

セカンドオピニオンで良くあるケースですが

レントゲンだけなら良いのですが
ほとんど検査、診査もなしで
抜くと言われたケースも
日常的にかなりあります。

最終的には
何かあったら対応すれば良い
だけのことで、
リスクをきちんとご説明して
双方合意の上で治療をしてゆけば良いのです。

その他にも、非常に多くの症例がありますが
患者さんに画像使用の許可をいただければ
この後に加筆して行きたいと思います。

セカンドオピニオンの場合には

感情的になっている方もかなり多く
これに似たような症例では
その後に、腫れた、痛くなった 
というリスクもあります。

したがって、患者さんの様子を見ながら
カウンセリングをして
そのリスクも了解していただけないと
勝手に判断して・・・

当方ではできません!

なんて理由をつけて、「お帰りいただく」
場合も多くあります。

あらかじめご了承下さいませ。


地位も名誉も無い人間はとても気楽です。


あまり、欲しがらない人間は、とても気楽です



関連ページです。
この症例は、まだまだ軽微な部類です。
日常では、こんな感じです

それでも歯を残します。
https://dr-kita.com/wp/blog/1233


次は反対側のブリッジ除去

これも抜去と言われた歯です。


2019年1月に大きく腫れたそうです。


ブリッジの除去
あとでブリッジを作ってあげなくてはなりません。



除去したブリッジ
メタルボンドで製作されています。
都内で製作したので数十万円の物だと思います。



除去すると中身はボロボロです。
歯周病もかなり進行しており
歯肉はかなり腫れています。


ここからが苦難の連続

数万本は根管治療をしてきましたが
このような例は初めて
根管充填剤が異常に硬い!!
とにかくすべての器具が歯が立ちません。
丁寧に除去して、ここまで50分



日を変えてその先に挑戦

歯肉の腫れはかなり鎮静しましたが

本日も本日も長時間の戦いが始まります。




天才か狂気か??

よほどの理由があっての選択か? 単なるデタラメか?

一般的には、レジンなどで根管充填する際には
後々のことを考えて、再治療可能なように
根尖までのガイドを入れておくのが一般的です。



白とピンクが交互に出てくる。ものすごく硬い!


次第に除去をしてゆくと
根管の中にレジンらしき物が
それも、ものすごく硬い!!
ピンク除去すると、白いレジンが出てくる。
それが交互に入っています。



パーフォレーションにスーパーボンドは考えられるのだが・・・

これはスパーボンドの固さではありません

おそらく二種ペースト混合型の充填用のレジンをシーラーにして
根管充填をしてあるのかも?
しかし、赤いガッターと思われるものは
ピンクレジンだと思われます。
白とピンクが交互に出現します。
赤く見えるのはガッターパーチャーではなくて
ピンクのレジンだと思います。

近心根がパーフォレーション 穿孔 しています。
超音波チップを使ってじっくり除去したので
出血していません。




試用した器具類

当院超音波関係も、チップだけの滅菌ではなく
ハンドピースごとの交換になるので
チップに合わせて、多数のハンドピースを揃えています。、





ダイヤモンド無し




ダイヤモンドあり





2019年特設ページメニュ-

 1.ジルコニア矯正 こちら (一般歯科医院ではあまり見せない、裏側の状態もお見せしています)
     ●ジルコニア矯正 とは 何ですか??
   ●ジルコニア矯正のリスク続き 手を付けた部位の修正ややり直しはたいへん
   ●悪くなるのは誰かが削った所その2
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 削ったままで来院 
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 下顎の前歯には要注意
   ●矯正が目的でなくても、ジルコニアにするなら美しく
 今までの特設ページにも、参考になる事例がたくさんあります。 こちら
 
 2.金属アレルギー こちら
   ●時間が掛かる事なので、長いページです、上の欄をクリック
 
 3.転院の方、仮歯のままの方、放置の方は こちら
   ●有名大学からのご紹介 エリートはリスクを取りたくない
   ●かなり強烈な個性の方
 
 4.自分で歯は付けないでください。
   ●自家治療 天才かも 自分で歯を付けた人 女性編 第一部 手間と時間は1000倍 
   ●自家治療 自分で歯を付けた人 女性版 第二部 手間と時間は1000倍
 
 5.自由診療 安価プロモーション 2019年症例

●●●●


  • このエントリーをはてなブックマークに追加