自家治療 自分で歯を付けた人 女性版 第三部 手間と時間は1000倍


●●
2019年 噛み合わせ治療シリーズ
歯科医師向けセミナーのスライド写真から
制作したWEBページです。
じっくり見ないと流れが理解できないかもしれません。
特にこの症例は三部作で、スライドの数も多いので
スライドを見ながら解説しないと
よく分からないかもしれません。


ジルコニアで修復して、顔まで変わって別人のように

きちんと配列する事で、顔面のバランスを取る

ここまで修復すると、全身的も変化する可能性があります。

ジルコニアをきちんと配列することによって
失った筋肉バランスは回復する事は良くなります。

今年の特設ページは
顔つきまで変わった症例が続いています。

前歯部分の治療医開始

とりあえず生活出来る様に応急処置

パテで、固定した歯は、土台が使えません
虫歯が多発していますので、それも処置しないと
どんどん進行してしまいます。

とにかく普通に使えて生活出来る様にしなくてはなりません。

初診自やむなく製作した、とりあえずの仮歯




●●●●

やはり前歯も顎の変形をしています

両側の奥歯が入り
噛み合わせができたので
再び前歯の仮歯を作り直したのですが・・・

パテが大きく広がり、
自家治療の期間が長かったので
歯と歯の隙間が大きくなっていました。
奥歯が安定して、左右の位置が
顎の関節の中心にほとんど適合してきましたが

歯並び全体が片側に移動して
大きくすき間が空いています。

●●●●

自家治療の達人 15年前のマウスピースがあった



●●●●


15年前のマースピースから、当時の歯並びを再現

ここまでやったので、とことんおつきあいします。

歯並びシュミレーションをします。
歯並びを15年前に戻す試みをやってみます。
「モックアップ」という
試作を作って、それに合わせて、完成形を作り出します。

●●●●

モックアップ完成

放置など、きちんとした処置をしないと、顎が大きく変形します。
もう一度、15年前を再現するために
お口の中でモックアップを製作しました。

モックアップ画像


初診時 左側の一番前の歯と橫の歯に隙間があります。
虫歯放置 自家治療のおかげで歯が移動
顎の骨が変形しています。

●●●●

製作したモックアップ模型


見ての通り、向かって右側

ご本人の左側の歯列が大きく下に突出しています。
明らかに頭蓋骨が変形しています。

頭蓋骨とは---脳のケースです。

脳のケースが変形するということは
もちろん脳も変形し手いるでしょう。
脳が変形するとどうなるか????

●●●●



ここで復習

初診時の画像をもう一度

取れたり、付けたりで穴が広がっています。
この状態だと終生虫歯は進行してゆきます。


土台と、歯は分割されていました。
参考までに、ポスト--心棒の太さを比較するために
タービンのダイヤモンドバーと比較しました。




試しにコアを試適しました


絶対に合うわけないけど
コアを歯根に戻しました。

自分で装着すると、すき間だらけですので
そのすき間が虫歯になり、
歯が使用不可 保存不可であるばかりか
痛みが出たり、炎症を起こして腫れ上がる可能性があります。
絶対にやらないでください。



コアの製作


上の画像を参考に、新生したコアと
太さを太さを比較して下さい。


いい加減な土台を入れておくと、歯が虫歯で消失してきます
歯がものすごく薄くなっています。
これが折れた、割れたとなると
寿命と考えて良いと思います。


コアの装着直後 顔面バランスはまだまだ


ご自分でも、ほうれい線が不対象だと思っていたそうです

顎の先端の位置
顎関節の状態も、不調をきたしているのが
画像を見るとよく分かります。
もちろん全身のバランスも崩れて
体調不良の原因も大いに考えられる状態です。










支台歯の形成中

顎変形した場合には、ほとんどが
歯の位置のがすれて
鼻の穴の形も左右で違います


この後形を整えて、形を取り
修復物の製作に入ります
(ご本人のご厚意で画像の使用は許可いただいております。)

この後形を取り、ジルコニアの製作をします。



ジルコニアの適合をチェック。いきなり顔面か変わりました

左右の鼻の穴の位置と形が揃ってきました

装着して1~2ヶ月で顔が全く別人になる可能性があります


ほうれい線も左右対称になりました。



一週間後 自分の筋力で修正が働いています

かなり改善しました。

ほうれい線も左右で同じ感じ。
鼻の位置はもほぼ問題にならないくらいに改善。
おそらく全身的に変化がでて
健康に向かって欲しいものです。



装着したジルコニア

マルチレイヤ-です。すべて歯を独立して製作してあります





裏側から

ご本人のご希望で、内側にある歯は製作しませんでした。



この歯をジルコニアにすればバランスはもっと良くなったと思います。
全くの全く健全な歯でしたら、
手を下さないのも一手ですが
虫歯が進んで真っ黒になっている歯です。
しかしご本人の意思を尊重するので
ご希望通りに製作しました。

●●●●
●●●●
●●●●
●●●●
●●●●
●●●●

●●●●


  • このエントリーをはてなブックマークに追加