転院 不定愁訴に対応【症例2】


●●●●
2019年 噛み合わせ治療シリーズ
歯科医師向けセミナーのスライド写真から
制作したWEBページです。
じっくり見ないと流れが理解できないかもしれません。

異常箇所は「人がいじったところ」

治療中に転院してきた方です。

とにかく、かみ合わせが、かみ合わせが 強くご主張なさる方です。


●かみ合わせが悪い
●何も食べられない
●口の中が不快でたまらない
●とにかくどうにかして欲しい

いつもながらの事ですが、
悪くなっているのは人がいじったところです。

口腔内不定愁訴 理解できる場合と できない場合があります。

ブリッジを入れて不調になった

転院してくる前の歯科医院では、「自信がない」と治療をお断りされたようです。

当方で、1番力を入れているのが
カウンセリングと審査です。
当院に来院される方で1番困った事は
歯医者を何軒も回って、そこでやりっ放しになっている場合が
困難な症例となることがほとんどです。

ただ見るだけなら、ごく普通の状態です



困ったなあ。と審査してゆきます。
当院で診療なされない方でも
来院された方は必ず審査とカウンセリングをしています。

延長部分をよく観察すると歯槽骨のない部分に延長されています

これは不必要な延長です違和感があります。


最後部に延長して歯を1本足すことにより
ブリッジは3本となり
2本の場合の5割増しの価格になります。
ブリッジの延長部が頬などの他の組織に当たるために
脳は、当たらないように
コントロールして顎の動きをコントロールしますが、
それによる弊害で、ストレスがたまるようになります



確かに、かみ合わせが不安定になっています


普通に噛むと上下にすき間が空いています


きちんと誘導すると噛み合います


異常な刺激があると、脳はそれを関知して
退避行動を取ります。
したがって通常考えられない、顎の動きをします。

その異常な顎の動きが
ストレスとなり
精神状態までが異常になっている事に
多くの歯科医師は気がついていません。

かみ合わせの不調は精神に悪影響を及ぼします


強度の不快感は原因は、延長されたブリッジにある?


延長部分を切断することにしました。

なれていまいと、お口の中でジルコニアを切断するのは
かなり厳しいと思います。
また一番奥なので、やりにくい部位ですが
とにかくやりました。



装着したジルコニアですが、熟練していれば切断できます。


切断面を違和感ないように形態修正しました。
赤い点は噛み合わせの検査の痕です。
左右均等に調整しました。


結果は・・・・

不快症状はなくなったとのことです


これで、当院の診療は終わりとしましたが
後日、患者さんからお電話があり
当院での治療をご希望なさいました。

その後に発見したこと

いつもの事ですが、仮歯での来院は悲惨な結果を生みます


自信がないと治療を「放棄した放棄したとのことですが
これを除去して何が出てくるのか?


2本の歯が出てきました。
前から5番目と7番目の歯です。



仮歯の土台になっている歯はとんでもないことに

5番目の歯


麻酔をして神経を取ったとのことです。
中に治療薬は入っていませんでした。
なんと驚いたことに
中に赤い歯髄(一般的に神経と呼んでいる部分)が
そのまま残っていました。
これは「痛み」を感じるのも
当然のことだと思います。


7番目の歯 折れた「リーマー」の除去をしました


これはもっとひどい
中に金属が見えます。
これを取らないと何もできません。
このようなときは、根管治療専門医をお勧めしたいです。
しかし、かなり高額な費用が掛かります。


これは治療中に折れた
「リーマー」と呼ばれる器具でした。
細い、ネジ上の針が刺さっていると
考えて下さい。
徐々にアプローチ


取れました。
患者さんは、痛みを訴えます。



さらにアプローチ
中身はどうなっているのか



神経を探し出しました

神経は二次象牙質の中から見つけました。
リーマーで根管を探していたのでしょう。
しかし、根管は全く違うところにありました。

文明の利器 ニッケルチタンファイルになれていると
このように綺麗に根管をオープンする事が
可能となります。


結論は・・・・

神経を取ろうとしたが、リーマーが折れたので放置されていた

神経腔を探すのに努力したけど、見つからず、器具を破損して放棄されたままでした


神経を取るのに失敗、そのままふたをしてありました。
放置さあれていた歯は、痛くて当然。
この後、これを使えるまでに処置してゆきます。
転院はとんでもない手間が掛かります。

この患者さんが

精神的に悪影響を受けていた理由が理解できます。

根管充填はシングルポイント法


wave-one gold #35
ミディアムと呼ばれるファイルまで拡大しました。

この症例はイニシャルトリートメントでしたので
#10での穿孔から、
プロテーパー ゴールドでの根管口の拡大
プログライダーによる予備拡大
wave-one gold #25プライマリー 
同じく ミディアムで根管形成後
wave-one ゴールド専用ポイントと
SHプラスシーラーで
シングルポイント根管充填を行いました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加