症例 ジルコニア矯正のリスク1


削りっぱなしで、来院

残念ながら、削られたままで来院なさいました。
この症例なら、削って揃えるより
一般矯正がお勧めです。


このケースで考えられるリスクとして
1.神経のある歯が痛み出す。
神経が露出する可能性があるので、熱い冷たいだけではなく
神経に異常が起こると痛み出す可能性があります。

2.神経を取ってある歯の先端に感染があり、将来痛み出す
神経を取ると、その歯は、一生涯無菌には戻りません。
統計的に、神経のない歯(すでに感染根管と呼ばれる)が
痛いと歯医者に来院するパターンが痛みで1番多いと言われています。

3.修復物を制作して、並べ直しても、歯の位置は変わらない
すなわち歯茎の位置が変わらないので、思った通りにはならない可能性があります。
「こんなはずではなかった」と後で後悔しても
元には戻りません。



3本削ってありますが、前に出ている真ん中の歯は
大きく削るために、神経を取ってあります。
これをすると、将来病巣ができるリスクがあります。
糸切り歯はかなり下に位置しています。


咬合面 すなわち上から見た画像です。
真ん中を大きく削らないと、内側に入りません。



技工物完成
良くあるパターンですが、
歯並びは水平面から傾いている場合が
ほとんどです。





土台(コア)を内側に入れて
並べて技工物を制作しました。
歯茎はずれています。
歯茎を揃えるために、「オステオトミー」
と呼ばれる骨整形のテクニックがありますが、
この症例では削るよりも、一般矯正が適応だったと
当方では考えます。




装着後
ご本人が無意識の時には、
体の傾きや利き手の関係で
唇は水平ではない人が大半です。



他人から見て、錯覚的に見えるように「
先端を水平に調整します。
他人には、全く違和感なく見えます。
また、歯茎が見えない様な位置に設定してあります。
人間は左右対処ではありません。


ジルコニア矯正 メニュー

 1.ジルコニア矯正 こちら (一般歯科医院ではあまり見せない、裏側の状態もお見せしています)
     ●ジルコニア矯正 とは 何ですか??
   ●ジルコニア矯正のリスク続き 手を付けた部位の修正ややり直しはたいへん
   ●悪くなるのは誰かが削った所その2
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 削ったままで来院 
   ●ジルコニア矯正のリスク 実例 下顎の前歯には要注意
   ●矯正が目的でなくても、ジルコニアにするなら美しく
 今までの特設ページにも、参考になる事例がたくさんあります。 こちら
 2019年特設ページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加