前歯 e.maxクラウン
横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
 

emax イーマックスクラウンの症例

ただ単にemaxで制作したのではなく、

制作後のemaxクラウンに
セラミックのレイヤーリング
(emaxに手作業でセラミックを築盛 焼き付け)
で仕上げてあります。」

かなり手の込んだ製作法をしています。


emax イーマックスの 前歯 
2016年


一例です


不幸にして歯が折れてしまった患者さんです。

生きたままの神経が
露出して
風が当たるだけで
かなりの痛みがありました。

この場合にはやむなく
抜髄後(神経を取った)

根管治療をしました。
 前歯が折れました 歯科鶴見


根管充填後


この場合、ファイバーコアを作りました。
 
ファイバーコア 歯科鶴見 
 

修復物完成

一般的なemaxではなくて
築盛法
レイヤーリング

と呼ばれる
制作したemaxに透明度の高いセラミックを
築成して
天然の歯の構造を再現しています。

一般的にはかなり高額な
仕上げとなっています。

メタルボンドクラウンに対して

emaxボンドクラウン
emaxオンセラミック

という呼び名があります。

 emaxクラウン 完成 先端が透明 歯科鶴見
 

裏側から見ると
先端部分の透明度がよくわかります。


 イーマックッスに陶材築盛 特別仕上げ 歯科鶴見

 
装着
一般的には、人体はシンメトリーには出来ておらず
左右 が対称ではありません。


 イーマックスインレー 装着
 

左右が対照的に,実際に顔面を,見ながら調整。

装着直後は歯肉がなじみません。


emaxのクラウン
 
一ヶ月後

歯肉もなじみ
自然感が出てきます。


 イーマックスのクラウン 2週間後 歯肉となじんできました。
 

価格は据え置きで
2006年バージョン emaxクラウン
1本 38,000円(税込み)

 
 
ファイバーコアに関して

 
ファイバーコアに関しては
現在は無料にしています。

その理由は簡単に制作出来るので
制作時間を考慮しても
ほとんど経費がかからないからです。


また、強度の面でもファイバーコアは劣ります。

きちんとしたクリアランス
(セラミックの厚さ)
を確保すれば、ほとんど問題にはなりません。

メタルボンドの例

ただし・・・
ファイバーコアを使う条件として。

1.金属アレルギーの場合

2.ファイバーコアは簡単に削り落とせるために
再処置の可能性がある場合
(この場合には自由診療はお勧めしません)

3.ダメで元々の歯を
とりあえず修復する場合
(この場合は自由診療はお勧めしません)


4.時間的な制約で
技工作業の回数を省略したい場合

などです。




鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600