前歯ブリッジの制作条件 リスクの回避を考えて


●●●●

大原則 奥歯のかみ合わせがないと 前歯が吹き飛ぶ

当方では基本的原則に従って仕事を進めます。(設計をきちんとしないとブリッジは脱離)


前歯のブリッジを長持ちさせるための考察

ブリッジを作る直したいと来院
初診時の画像です。
かなりの汚れと、歯石沈着があり
歯周病も進行しています。



●●●● 

原則 治療時には歯周病の基本処置をして

ブリッジを製作できる状態にすることが先決



初診時には、カウンセリングと歯周病検査や写真による説明から
歯面清掃や歯石除去などの基本処置を行います。
歯石除去などのクリーニングは通院中は
ほとんど毎回のように行ってゆきます。
徹底的に歯周病処置をしてゆくことで
ポケット内のお掃除をしても
出血しない状態になってゆきます。



●●●●

お口の中の様子 ブリッジの構造を理解 前歯4本がない場合ない場合

ブリッジは歯のない部分と、ブリッジを支える土台のバランスが大切


黄色い部分は、ブリッジの土台となる歯
ピンクの部分は歯のない所にあるダミー(ポンティック)です。

奥歯のブリッジは土台とダミー土台が
直線に近い形で並びますが
前歯の欠損の場合には、半円形の両端に土台が来るので
てこの原理が働き、土台(支台)を余裕をもって
設定する必要があります。

●●●●

原則 奥歯がないと、前歯が吹き飛ぶ

奥歯がないと前歯ブリッジはリスクが大きい


前歯ブリッジの場合には、絶対条件です。
この場合には上下に歯がありますので
奥歯のかみ合わせを作ることができます。


前歯と奥歯では基本的な設計の考え方が異なります

前歯の場合



黄色い〇が土台とすると、矢印の部分に
下向きの力が加わると、土台が浮いてきます。
したがって前歯のブリッジは
外れやすい形態であることが分かります。


奥歯の場合

奥歯の場合には、矢印の部分に上から力が加わった場合に
土台は沈む方向に力がかかるので
土台が外れにくい方向に力がかかります。


前歯ブリッジは設計が重要


したがって前歯の場合には、
ブリッジを維持するには、土台となる歯
多く必要とします。

また中途半端に一部の歯が
脱離して浮いたままだと、その歯が感染して
炎症を起こすなど、トラブルの原因となります。

●●●●


  • このエントリーをはてなブックマークに追加