急速に進化する、デジタル歯科


【2018年8月21日 3:42 PM更新】

デジタルで治療後のシュミレーション

シュミレーションで正面から見た顔がどのように変わるか?

 

歯列矯正などで、矯正前と矯正後の状態を

画像処理でシュミレーションする

プログラムなどは現在でもありますが

デジタルの進化によって三次元的に

前歯を製作して、実際にそれを製作するような

プログラムが普及してきました。

 

下の画像はトレーニングシュミレーション

 

このモデルさんの場合には中切歯と呼ばれる

2番目の歯が欠損しています。

また歯と顔面のバランスからすると

やや歯が小さい感じもします。

 

シュミレーション後

 

現在のデジタル技術は

画像だけではなく、実際にこれと同じ

「モックアップ」を製作可能です。

製作したモックアップを実際に装着して

それを、ビデオにして比較します。

 

写真上では、歯だけに集中するため

歯ばっかり観ることにまります。

しかしビデオでは、

実際の顔貌、、雰囲気までをとらえる事ができます。

 

 

海外での実例ですが

こんな感じでシュミレーションが可能となりました。

 

 

シュミレーションビデオはここをクリック

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600