セラミックや、レジンでのインレー破折


【2018年8月9日 8:21 AM更新】

セラミック・レジン系のインレー破折の多い部位

二級窩洞と呼ばれる形態の側室が破折

 

オールセラミックと呼ばれる

ケイ素系の陶材でできたセラミックは

意外ともろいものです。

今まではこの手の材料が主流でしたが

最近は二ケイ酸リチウムセラミックである

e.max イーマックスと呼ばれる

超硬度ガラスが主流となってきています。

しかしながらe.maxにおいても

側室が破損することがまれにありますので

側室の形態に注意する必要があると思います。

破折したインレー

側室の部分が破折しています。

この部位は垂直に負荷がかかるため

脆弱になる可能性があります。

このケースでは側室底部に歯面があるのですが

レジンでは強度不足だと思われます。

咬合面にも咬耗があります。

E.MAXにて修復しました。

 

 

2歯連続の部分の破折

 

この場合は、片側の歯のみの破折ですが

隣接して接触している部分は要注意です。

隣接面底部に歯面がなく、

垂直に負荷がかかった場合に

インレーが折れる方向に対して

抵抗形態がありません。

 

この場合には、隣接する両方の歯を

イーマックスで修復しました。




前へ:«
次へ:

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600