レジン充填の劣化 削るか削らないか虫歯を見て判断


【2018年5月22日 9:12 PM更新】

前歯の虫歯はレジン充填しかないけど・・

前歯などが虫歯になった場合には

前歯などの見える部分で、

なおかつ力の掛からない部分が

虫歯になった場合には

現時点での修復方法は

レジン充填が中心です。

 

しかしながらレジン充填は

樹脂系の材料ですので

吸水性があり、劣化する場合が非常に多い

欠点があります。

 

最初に検査するのは、虫歯の進行状況

レジン充填をするかしないかは

虫歯の進行状況を見て判断します。

 

やむなく虫歯を除去する場合

もしも虫歯がエナメル質を突き破り

象牙質の中まで広がっいるようでしたら

そのままにしておくと

虫歯は広がりますので

感染した歯質を除去する必要があります。

 

エナメル質にだけの虫歯は極力削らない

すべては程度問題です。

この程度の虫歯なら、削らないで

超音波によるクリーニングを

繰り返すことにより進行を止められる場合が

多くあります。

 

ある程度進行した虫歯はやむなく削らなくは

削るか、削らないか虫歯を見て判断します。

そのため初診時には必ず画像を撮影して

患者さんと一緒に,見ながらカウンセリングします。

 

削る部分と、削らない部分の判断

何度もクリーニングをした画像です。

写真で茶色くなった部分は虫歯が進行した部位です。

白く曇ったところは、「再石灰化」とよばれる

損傷した歯がだ液中のカルシウムによって

修復されたところです。

 

しかし、エナメル質を貫通した部分は

再石灰化しないで、虫歯が進行しています。

この場合にはやむなく虫歯を削除して

レジン充填の適応になります。

レジン充填は劣化します。

レジン充填はいつも清潔にしてお手入れすれば

それなりに,持ちますが(4年程度と言われています)

汚しておくと直ぐに劣化します。

 

劣化が気になると

また削って埋め直して欲しいと

歯科医院を訪れますが

最終的に悪循環になり

歯を失う事になるかもしれません。

 

 

 

 




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600