ホワイトニング後の ホワイトスポット


【2018年5月2日 7:15 PM更新】

ホワイトニングでホワイトスポットが出汰た場合

ホワイトニングをしたとき、

過剰に白くなる場合があります。

これをホワイトスポットとよびます。

 

通常、

  • 初期の虫歯がある場合
  • 部分的にエナメル質に損傷がある場合
  • その部分の石灰化が不全を起こしている場合

などが考えられます。

 

この場合の対策として一般的には

目の細かい研磨剤などを使って

研磨処置をする場合が一般的です。

 

クリスタルブライトニングでの対応方法は

少し変わっていて

そのままホワイトニングの

回数を重ねることで対応しています。

 

一般的には逆説の様に思われがちですが

クリスタルブライトニングをする事により

  • 再石灰化が進む
  • 周囲も含めて白く透明感が出る

といった現象が出るために

クリスタルブライトニングを繰り返すと

ホワイトスポットが目立たなくなってゆきます。

 

また、ホワイトニングをしないで

そのまま放置するという手もありますが

これは消極的な姿勢なので

あまりお勧めではありません。

 

ホワイトスポット出現の一例

 

 




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600