引き続き、歯ぎしり 削る部分と削らない部分


【2018年3月30日 12:28 PM更新】

この場合にも先端はいじらない

削ってしまったので、

寿命を短くしたと思われる例です。

 

力の掛かる部分は極力いじらない方が

良い場合が多々あります。

 

しかし、虫歯が広がっている

状況ならば進行を止めなくてはなりません。

削る部分と削らない部分を

きちんと区別する事が大切です。

この場合には歯茎の虫歯は処置した方が良い。

 

詳しくはここをご参考に




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600