難治性の歯周病


【2018年3月28日 9:57 PM更新】

収束までに時間がかかるタイプの歯周病

歯周病治療の基本治療は、スケーリングとそれに続くSRPと呼ばれる

目に見えないところの根面に付着した歯石や歯垢を除去する事です。

 

一般的にはあまり行われていませんが、毎回、毎回、

続けてSRP繰り返すことにより歯周病はかなり改善されます。

 

しかしながら、歯周組織の破壊の程度よりも、

破壊のされ方によって、難治な症例があります。

 

歯の周囲の破壊が潰瘍を伴う場合

 

辺縁が凸凹に破壊されている場合はなかなか手強いです。

このような場合には、光線力学療法または光殺菌と呼ばれる

光反応物質を使った治療法や、

炭酸ガスレーザー Nd:YAGレーザーを併用したり

EO水 高濃度次亜水などの機能水を併用したり

いろいろな試みをしてみる必要があります。

 

数回の治療直後の画像

 

歯を取り囲む段差が小さくなったのは、

炎症による腫脹が消えたからです。

あきらめないで続けることが

歯周病の治療には大切です。




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600