歯周病で最も大切なことは定期的なお手入れです。


【2018年2月23日 3:50 PM更新】

歯周病で最も大切ことは、定期的なお手入れ。

歯周病の定期的なお手入れは、基本的な処置である

 

基本中の基本は

「歯石除去と根面の滑沢化」です。

 

歯がぐらぐらになって10年間定期的に処置してゆくことで

延命処置をしてきた歯です。

しかしながら、残念な事に歯の周囲の骨の破壊が進行して

「咬むと痛い」という症状が消えなくて

患者さんも、この歯は限界といお気持ちになったので

残念な事ですが、抜去いたしました。

 

器具が届く限り歯石除去などをしてきましたが、

歯根に亀裂が入っていましたがそれでも10年以上保存できました。

 

残念な事に亀裂が入ってしまいました

しかし亀裂が入っていましたが、10年以上保存出来ました。

 

残念なことに亀裂があります。歯の周りの骨はすでに溶けて

肉芽組織というものが出現していたことがよく分かります。

根っこの周囲に一部黒いところがありますが

これが歯肉縁下歯石と呼ばれるモノですが

器具の届く限りお手入れしてきましたので

ほとんど付着はありませんが

破折している部分の周囲にだけ残っています。

 

歯根周囲を見れば分かることですが、歯根膜は消失して

歯を支える骨もほとんど消失している状態です。

 

10年これでも維持できたのは定期的にお手いれのおかげ




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600