口腔内スキャンと設計ソフト


【2018年2月9日 12:50 PM更新】

 

口腔内スキャンでデータ取りの例です。

簡単な単純クラウンではなくて

歯肉縁下までスキャンしなくてはならない

前歯部のブリッッジで手技をご紹介します。

​​

 

まずはスキャン後にビューアーソフトで画像を確認します

 

 

裏側からも確認 金属も綺麗にデータ取りができています。

 

 

咬合状態の確認 白抜けしている部分は、

画像が撮影できていないのではなくて、三次元データが粗の部分です。

 

-----------------------------------------------

 

ここから設計ソフトのEXOCADにコンバートします。

通常の画像ではなくて、この画像は三次元的な距離データも見えない形で含まれていますが

このデータの方が遙かに容量は大きくなります。

 

無難な状況でロードができています。

 

 

金属部分も綺麗にデータ化できています。




前へ:«
次へ: »



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600



 
▲PageTop