アフタ性口内炎 重度


【2018年10月16日 9:44 PM更新】

誰もが経験あるアフタ性口内炎

通常なら10日~2週間掛かりますが。

 

この症例はかなり大型の口内炎です。

 

通常の大きさは粟粒~米粒程度の大きさでも

かなり痛く、食事の際にきになるものです。

 

一般的にはケナログと呼ばれる塗り薬が処方されますが

効果はあるのでしょうが、

ご本人にとっては「おまじない」のような物だという方が

多く来院します。

軟膏だけではなかなか治らず

一日つらい思いをします。

 

この大きさになると、かなりの苦痛があります。

一円玉ほどの大きさです。

飲む、食べるが全くできないほどの

痛みがあります。

 

アフター性口内炎にはCO2レーザーが速効

口内炎に炭酸ガスレーザーを応用しますと、

術後には痛みの80%が消失します。

それだけではなく、急激な速度で治癒します

炭酸ガスレーザ照射直後

この瞬間から痛みの80%が消失します。

 

炭酸ガスレーザー翌日

腫れはまだ残っていますが、痛みはありません。

 

炭酸ガスレーザー3日後

 

腫れも引き、苦痛も全くありません。

 

 

炭酸ガスレーザー4日後

すべての症例において、炭酸ガスレーザー照射後は

急激な勢いで組織が修復します。

 

 

炭酸ガスレーザーは軟組織

Nd:YAGレーザーは硬組織

に使い分けて、応用すれば臨床的にはとても意味深い物になります。

 

 

患者さんはタコ社長でした。

症例作成にご協力ありがとうございました。

 




前へ:«
次へ: »

月別アーカイブ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600