自由診療時に考えていただきたいこと

 

 

 自由診療目的で来院の方へ

 あらかじめ理解していただきたいこと

 

自由診療・安価プロモーションを始めて

1500人を超える自由診療の患者さんが来院しましたが、

それまでの自院の患者さんと違ったタイプの方が

多くおいでになるようになりました。

 

大きな情報ソースであるインターネット上には

ものすごい量の情報がありますか

中には過大とも思える情報や、誇大な宣伝とも思われる情報も

おおく見られます。

 

特に困った問題は、そのネットの情報だけで

頭でっかちになり、トンデモない間違えを信じていたり

やたら専門用語を使っても、知識が断片的にである場合も

しばし遭遇いたします。

 

しかし、診療方法パターンは患者さんすべてが

同じではなく、その状況により異なります。

できること、できないこともあります。

 

 

特に難症例の場合、例えば重度の歯ぎしりなど

ああだこうだと言っていては治療不可の場合もあります。

 

特にかみ合わせなどの再構築が必要な場合は

あまり神経質な方や、細かい方には

不向きな場合がほとんどです。

 

きちんと双方の合意があっての治療なので

その場合には当方では対応できないと判断する場合も

よくあります。

 

トラブルの原因になる例として

治療途中で転院
 
仮歯のままでの放置
 
金属を除去して
かぶせ物だけ交換した場合
 
装着してある土台(コア)を
そのまま利用した場合 
 
ネットでの過大な広告を
多く見て間違った知識のある方
 
修復物を除去した場合に
虫歯が出てくる場合がほとんどです

 

かぶせ物を除去した場合の注意事項は下のアドレスをクリック

http://dr-kita.com/dental/musiba/jyokyo.html

 

写真はほんの一例ですが、かぶせ物を除去した場合には

このようにひどい虫歯であることが

かなりの確率であります。

 

こういった場合には、細菌が潜伏して

後々トラブルを起こすリスクがあります。

修復物には保証はありますが

歯に保証を付けることはできません。

クラウン除去後破壊的な状況


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・お電話でのお問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:045-504-6600

TEL:045-504-6600