インレーブリッジは極力避けるべき
なるべくなら作らない
横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
 





インレーブリッジは虫歯になる
可能性が高い。

 ブリッジの支台・・・台にする歯のことです
はなるべくなら、クラウンにすべきです。

天然の歯は「生理的動揺」といって
ある程度の動きがあります。

個々の歯が動くために
ほとんどのインレーブリッジにおいて

インレー部分の接着がはがれ
インレ−の下が虫歯になっている様です。

そのためにインレーブリッジの除去時には
接着がはがれているので
容易に除去できる場合がほとんどです。

またインレーブリッジ脱離で
来院する患者さんも多くいらしゃいます。


右上が痛いと来院
インレーブリッジ

除去直後 
インレーブリッジ除去 歯肉炎

ダミーの下の歯肉は炎症を起こしている
インレーが入った歯の虫歯

インレーの支台になっている歯の虫歯は
かなり深い虫歯になっていました。
虫歯は深くなってる

除去したインレーブリッジ
もしも健全な状態なら

金属をカットしないと除去できませんが

そのままの状態で簡単に除去できます。

除去したインレーブリッジ



鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600