横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
口角炎について 



口角炎のおはなし
 





 なかなか治らない口角炎
口の両端 要するに口角に炎症ができて
腫れたり 炎症が出来て
亀裂が入り出血することが多く
長期に渡って治りにくい場合が多い炎症です。

歯科的には口を開けると
亀裂から出血するので
治療時に障害となり

治療をすると口を開けるために
亀裂が入り出血。

治癒が遅れるという悪循環に陥ることが
多々あります。

口角炎ができやすい人は
何度も繰り返し発症するので
口角を中心に
皮膚が黒くなることが多いようです。

 

 口角炎の
症例 その1



1週目




3週目 

 

5週目

 
8週目
 
 
8週目

反対側から撮影

口角炎ができやすい人は

口角を中心に
皮膚にくろずみがられます、

 
 



 口角炎の症例
その2


 

この患者さんの場合には
眼瞼の下側に
水泡が・・・

ヘルペスが疑われます。





 

 口角炎

症例その3

 
4週後

口角を中心に
皮膚が黒ずんでいます。


やはり口角炎が良くできるとの事です。





鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600