入れ歯の苦痛を軽減する努力
その2
横浜市鶴見区 鶴見区の歯科 歯医者 北村歯科
 


入れ歯を小型化することにより
違和感を軽減する



この様な大きな入れ歯を使っている方が
来院なさいました。

来院理由は
金属を白い歯に換えたい

とのことです。


健康保険の枠にとらわれないなら
かなり自由な診療が可能となり
設計の自由度も上がります

部分義歯 違和感がある 


最終的に
ここまで小さくする事が出来ました。
ノンクラスプデンチャー 

お口の中に入れ歯を
装着した画像です。

かなりの部分を入れ歯が占めていますが
かなりの違和感があります。

面積が広く
上あごをほとんど覆ってしまうために
食べている感覚もほとんどありません。

普通の部分義歯 
 
入れ歯を小さくする事で
上あごの広い部分が出てきました。
何かを食べている感覚は
入れ歯を入れる前に
戻りました。

段違いに快適になったとのことです。
ノンクラスプデンチャー 違和感が少ない
 




大臼歯が残存している場合には
それを利用してブリッジを制作します。

これにより両側の欠損を
片側の欠損にする事により
入れ歯を小さくする事が出来ます。

もしも両側に大臼歯があり
前歯なり小臼歯が残っていれば
入れ歯を使わなくても済むようになります。

 
制作したブリッジ
ジルコニアブリッジ
 

マルチレイヤージルコニアの
ブリッジ
ジルコニアブリッジ




鶴見区の歯医者 北村歯科 TOPページ
 
鶴見駅 北村歯科 詳細INDEX
 
セラミックが安い鶴見の歯医者
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600