自由診療のかぶせもの セラミック ジルコニア ホワイトニング 横浜市 鶴見区 鶴見駅前の歯科  歯医者 北村歯科

 健康保険診療と自由診療(保険外診療)に関して
かぶせものの場合

歯科を受診すると、「保険か自費か」という課題に
遭遇した経験を持つ方もいらっしゃると思います。
では、なんでこのような問題が生じるのか、考えてみましょう。

 
 
保険診療では、材料に限界がある

の問題は、前歯のかぶせものを
制作するときに障害となってきます。

保険の歯は、色が違うの?

というご質問をいただくことが多々ありますが、
色の問題ではなく「質感」 に問題があります。
下の画像は健康保険の前歯を装着した直後ですが、
一つの歯だけ、何かが違うのがお分かりでしょうか?

その理由は、保険では見える部分に

プラスチックを使用
するからです。


中心から見て左側がプラスチックの前歯です。




人間の歯は、水晶細工のように
極めて透明感のあるもので
それをプラスチックで再現するには無理があります。


また、プラスッチクは
強度、耐摩耗性にも劣りますが、
世界中を見回しても、
ほとんどの国民が国家の援助で
このようなものを入れられる国は

日本以外にはほとんどないでしょう。



 
 E-max 透明度はかなりのものですが
インレー以外はジルコニアがおすすめ!

ここまで透明感が出ると
天然の歯にちかづきます。 




 
 台湾の屋台街の光景ガラスを溶かして細工。
セラミック歯も似た手法で 制作します。
 

 








メタルボンド冠の例 
 左は装着前
 銀の土台にメタルボンドクラウン冠を装着

質感はかなり天然の歯に近いですが、
近年では「ジルコニアセラミック」という材料が普及して
より丈夫に美しく修復できるようになりました。
(ジルコニアボンドクラウンともいいます)


 




奥歯の場合 

奥歯には、
小さな奥歯(小臼歯)と
大きな奥歯(大臼歯)の2種類があります。

小臼歯の場合は
パラジウム合金(銀歯)とプラスチック
健康保険適応となりますが

プラスチックの奥歯は

強度・摩耗に問題
があるので 、

咬む ことを考えると銀歯の方がまだ良いと思います。

しかし小臼歯は前歯に近い位置にあるために、
銀歯の場合には
銀色が目立つために見た目が悪く
それを嫌がる方もらっしゃいます。

そこできちんと咬める銀歯にするか
、きれいなセラミックの歯にするかという選択になります。

選択肢として 3種類

ジルコニアボンドクラウン(冠) 
 メタルボンドクラウン
 オールジルコニアクラウン




大臼歯の場合には健康保険のかぶせものは銀歯のみ
どちらを選ぶかは、ご本人の自由意思です。


 


自由診療 セラミック クラウン ジルコニア関連 価格

 ジルコニアボンドクラウン 1本80,000円
 メタルボンドクラウン  1本60,000円
オールジルコニアクラウン  1本32,000円 





TOPページ
 
詳細INDEX
 

 
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600