隣接面(歯と歯の接触点)の虫歯の広がり 横浜市鶴見区 鶴見駅前の歯科 歯医者 北村歯科

北村歯科  横浜市鶴見駅東口駅前

 1999年記

症例その6。隣接面(歯と歯の間)の虫歯

歯と歯の間から虫歯が発生した場合、
本人が虫歯であることを自覚したときには
既に相当虫歯が進行した状態であることがほとんどです。


その理由は
 
1.虫歯が発生する場所が見えない部分であること 

2.ほんの小さな点から虫歯が発生しているのですが、
虫歯が歯の中に進行する際に表面のエナメル質を残して、
柔らかい象牙質を浸食して歯の中が
空洞になるような形態で進行する。
従っていかに早期に発見するかが大きなポイントとなります。

また本人が想像する以上に虫歯が進行しているため、
しばしば歯科医とのトラブルや
歯科医に対する不信感の原因となる事が多いようです。

 つまらい事ですが、
私は今だに視力が抜群です。
通常では見えない
歯の奧にある影が見えるのです。

ある意味ではそれが虫歯の
早期発見の特技につながっています。
その為には視力維持のトレーニングや
速読のトレーニングをしながら、
パイロットと同じように眼を大切にしています。


 歯と歯の間の虫歯 その1


歯と歯の間に虫歯が
表面からは全く虫歯があることには気づきません
 矢印
 歯と歯の虫歯を開く
 少し削って見ると。この時点で本人にこの写真を見てもらい、
虫歯であることを確認してもらいます。
 矢印
 歯と歯の間の虫歯は広がっています
 もっと削った画像ですエナメル質が
卵の殻のようになっていて、
中身は既にキャラメル程度の柔らかさの状態です。
歯は既に虫歯のドームとなっています。
歯と歯の間の虫歯は思ったより
隣接面の虫歯はこんな小さな点から
中に向かって進行していきます。

このケースではあえて上の歯をあらかじめOPENして、
手前の歯の虫歯の発生点を撮影しました。
 矢印
 歯と歯の虫歯は予想以上に
 白い部分はエナメル質。黒い部分は象牙質です。
このケースでも、中心付近まで虫歯は広がっていました。

 
このような虫歯を歯科医がどのように口頭で説明したところで、
患者さんもも納得行かないのも仕方ないことだと思います。

この時点では症状は全くなく、
状態によっては一般的に
麻酔して神経を取る処置に及ぶことは
日常的なことです。

しかし、きちんと画像にして本人に確認してもらった上で
信頼関係を確立して治療が出来るような環境を作った
価値は充分にあったと確信しています。
 

 歯と歯の間の虫歯その2

下に示す例でもが本人が虫歯であるとには気づかない場合が多いようです

隣接面カリエスは外から見えるようになると
歯と歯の間に小さな穴が見えています。
この状態まで進行すると、
ほとんどの場合は神経の部分まで虫歯が進行しています。
 矢印
 思いのほか広がっている隣接面カリエス
 このケースでは、若年者であるために、虫歯の進行が早いようです。
進行が早い虫歯は着色が少ないのが特徴です。
歯の中はピンセットでさえ削れる状態でした。
 矢印
 隣接面カリエスは簡単に神経まで

 完全に神経迄虫歯は到達しています。
削りだすと一気に神経のある
中心部(髄腔と呼びます)まで貫通してしまいます
ここまで来てやッと本人も気づきます。
「歯が割れた」
「ものを食べていたら石が入っていて歯が割れた」
との理由で来院する人が多いようです。
既にこの状態まで来ると、爆発的に痛み出すのも、
すでに時間の問題となっています。

 

歯と歯の間の虫歯 その3   

歯と歯と間の虫歯は想定以上 歯と歯の間の虫歯は広がる
前歯の間です。 前の方の奥歯です。
ここまで進行すると
すでに歯の中心にある
神経まで虫歯がとうたつして
神経の破壊が始まっている
可能性があります。

従って痛みが出る
状態になっているということです。

 
   
   

診療室

鶴見区歯科リピートの多い北村歯科
北村歯科

2013年10月追記

1999年の記事です。
何となく見ていたら追記したくなりました。

歯と歯の間の虫歯 2013年版

歯と歯の間の虫歯、初期は

隣接面の虫歯は、本人が気が付いたときには、
かなり広がっている可能性があります。
白く曇って見える部分は、既に虫歯が進行しています。



以外と広がる歯と歯の間の虫歯

曇った部分を切削すると、
虫歯は中で広がっています。



隣接面カリエスは早期発見

かなり広がっていますが、
神経までには到達指定ないよい様です。
軟化象牙質を処理して、修復します。

隣の歯は、金属とプラスチックの
チャンポンで修復してありますので
ワンピースの修復に修正します。





同様に隣接面の虫歯です。
隣接面カリエス初期には白濁して見える

ほんの一点から、虫歯はスタート


意外と深い隣接面カリエス

この段階から、相当広がっています。



インレーを除去すると虫歯

金属の下を虫歯は広がっていましたが

同時に、金属内面も虫歯でした。

ダブルパンチです。

 TOPページ

 詳細Index


 鶴見区歯科
JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600