虫歯の広がり 横浜市鶴見区 鶴見駅前の歯科 歯医者 北村歯科
虫歯の広がり

北村歯科  横浜市鶴見駅東口駅前

 1999年記

本当にそんなに虫歯が、広がって、いるんですか?

23歳女性のケースです。
来院時左下の一番奥の歯を以前修復したところが、
修復物の適合が悪いため虫歯になっていることを説明しました。

また隣の歯との接触点も同時に
虫歯であることをご説明。
「まさか?」といった感じで懐疑的でありましたが・・・

これをいかに情報として正確伝え理解してもらうことが、
とても大変なのです。

きちんと理解していただいた上で処置できれば、
歯科医&患者双方に取って、
とても良い環境で治療を進めることが出来るのです。

 通常であるならば、
「麻酔の注射をして、歯の神経を取りましょうと」
告知されるケースですが・・・・

もしも自分がそのようなことを告知されたら・・・

下の例を参考に考えてみて下さい


 歯の溝の部分を修復しありますが
その境界から虫歯になっています。

少し見にくいかも知れませんが
左は清掃前、右は清掃後です。
 
  修復物を除去している途中です。
黒い着色は
アマルガムの水銀の着色です。

アマルガムの水銀比率により
残留水銀がこのように
黒く広がっていきます。

手前の歯との接触点から
虫歯が発生しています。

陰があるのがわかるでしょうか?

これは組織が粗になったため
光が散乱するからです。

同時に反対の歯も同様に
陰が出ています。

 
 修復物を除去しました。

当該歯がこのような状況
なのは説明だけでは

患者さんには理解出来ないと
思います。

この直下に
『歯の神経
と呼ばれる歯髄があるために、
あの歯医者の「キーン』という
エアタービンで削ると痛いばかりか
簡単に神経まで貫通します。

そこで最新のレーザーを用いて
虫歯の部分をを蒸散します。

 
 その後、神経を保護するパックをして
しばらく予後観察後
修復処置をします。

 


たかが虫歯といえ
治療の選択肢は非常にたくさんあります。

自分だったらどうしたいか・・・・
やはり納得して処置できれば
それに越したことはないと思います。

しかし、このケースにも言えることですが、
どうしてもよりよい選択肢と引き換えに
『時間と回数』といった問題も
クリアーしなくてはない場合もあります。

しかしこのような処置をしたといっても、
通常と全く変わらないか、
逆にそれ以下の金銭的負担で
治療が終わるケースがほとんどです。

なぜなら破壊的な処置はある意味で
破壊したものを人工的に制作したもので
修復再現しなくてはならないからです。
結局その人工物の修復に要する費用が
処置全体に占める割合がとても大きいために
安価で収まることが多々あります。


 TOPページ

 詳細Index



JR鶴見駅東口  京急鶴見駅
駅前隣接

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600
 

北村歯科